【インタビュー】重さ770g!軽くて柔らかい「ことゆくラック」の魅力に迫ります!

今回は重さなんと770gという重さでありながらも、荷物がたくさん入るランドセルを作られたことゆく社さんに伺いました。

お子さんと親御さんの希望が詰め込まれた機能性の高い「ことゆくラック」について色々と聞いてきいてきました!
 

執筆者プロフィール

後藤謙尚(ごとう けんしょう)

よりお子さまに合ったランドセルを知ってもらうために、関西、関東を中心に60社以上のランドセルメーカーを徹底的に分析。実店舗に足を運び、ネットだけでは手に入れられない情報を発信していきます。

コンシェルジュ
毎日使うランドセルは出来るだけ軽い方がいいですよね?お子さんの通学が楽になる「ことゆくラック」は非常にオススメですよ!

質問1. 商品の特徴(コンセプト)について教えてもらえますか?

まず「ことゆくラック」の一番の特徴は軽さですね。

重さは770gで革や合皮のランドセルと比べると、約500gほど軽いランドセルを実現することが出来ました。

小さなお子さんは重すぎるランドセルを背負い続けることで、腰痛や肩こりや身長の伸びへの不安などがあげられています。「ことゆくラック」は軽量化を行うことでその負担を減らし、お子さんが軽快に動けるランドセルになっています。

出典:ことゆくラック

「ことゆくラック」のもう一つの特徴は収納量が多いということですね。

収納部が柔らかいため、収納部分が広がり荷物がたくさん入るランドセルを実現しました。学校の教科書だけでなく、体側服、プールバック、給食袋も上靴も詰め込むことが可能です。

また、水筒も横のポケットに入れることが出来ますので肩から下げる必要もなくなります。逆サイドにはファスナーポケットもあり、登下校時に出したいものが、ランドセルを開けなくても取り出せることは安心・安全につながります。

出典:ことゆくラック

また肩ベルトはずっと持っていても「痛くならない」クッション性のある柔らかい素材を採用したり、生地は撥水生地を利用しており、雨の日でも安心して通学できるなど機能性の高いランドセルとなっています。

質問2. 人気の理由を教えてもらえますか?

他のランドセルと比べても、圧倒的に軽い。ということが人気の理由になっているのかなと思います。

最近ではランドセルが重く、お子さんの負担が大きくなっているのが社会問題になっています。

ですので、すでに上のお子さんがランドセルを持たれている方で、「下の子には軽いランドセルを持たせたい!」と思われている方や、小柄なお子さんにはやはり人気ですね。

また地方都市にお住まいの場合は、自宅から学校までかかる時間が片道30分~1時間かかる場合も多く、「学校は楽しいけれど、登下校は嫌だ。」とお子さんが思われているから負担を減らしてあげたいという理由からご購入される方もおられます。

また、小学校1年生の方で「入学してみたら思った以上にランドセルが重かった」という理由から新しく「ことゆくラック」に買い換える方もおられますね。

質問3. デザイン面のこだわりについて教えて頂けますか?

ことゆくラックの縫製は、鞄職人(兵庫県豊岡市にある縫製メーカー)に依頼しています。

国内の鞄縫製のシェア7割をしめる「かばんの街」である豊岡の鞄職人にこだわりを持って、丁寧に仕上げて頂いております。

出典:ことゆくラック

また、生地についても丈夫で傷に強く、撥水性があり雨にも強い素材を採用しています。生地のナイロンは表面だけでなく、裏側も撥水加工されているので、雨の日にびっしょり濡れてお子さんが帰ってきても、中まで水が入り込んでこない工夫がされています。

出典:ことゆくラック

肩ベルトの裏側と背面は全て抗菌のメッシュ生地にしているので、夏の暑い日も熱がこもらず汗をかく量が断然違います。

質問4. 現在、人気の商品を教えてもらえますか?

女の子にはことゆくラック レッド(赤色)が人気です。

出典:ことゆくラック

男の子はことゆくラック ネイビーがオススメです。

出典:ことゆくラック

また、新しく発売したことゆくラック オールブラックも人気の商品となっています。

この商品は現在ホームページやカタログには記載していないのですが、8月の上旬にはホームページでも販売を開始する予定です。こちらは受注生産になってしまいますが、もしご購入を検討される際はお問い合わせください。

色に関しては女の子でも高学年ですと黒色を選ばれる方もおられますし、男の子では小学1年生で赤色を選ばれる方もおられますね。

※今月末には新しい4色の縁のカラーバリエーションを展開する予定です。ホームページにも随時アップロードしていきます。

質問5.ご購入された方からはどういったことを喜ばれますか?

『軽さ』『荷物が沢山入ること』を喜んで頂けますね。

昨日もイベントがあり、実際に親御さんにどれだけ収納するのかをお見せしたのですが、教科書の上にプールバックと体操袋をいれても収納できることに「実際こんなに入るんだ。」と驚いて頂きました。

また、肩ベルトにクッション性のあるやわらかい素材を使っているので、「痛くない。」とお子さんから言ってもらえる事も嬉しいですね。

出典:ことゆくラック

ランドセル自体も固くないので、腰などに当たって痛いということもなくなるということも喜んで頂けています。

質問6.ランドセルのお手入れ、修理について教えてもらえますか?

ランドセルのお手入れとしては、ナイロンなので基本的に特別必要ということはありませんが、汚れた部分も濡らした布で拭いて頂ければ綺麗になると思いますし、雨に濡れた時はしっかりと乾かして頂くことを気をつけてほしいです。

また、ことゆくラックの保証期間は3年間となっています。

私達は、大きく成長する小学校6年間で、身体の成長に合わせたランドセルを当たり前に使える世の中になればとの思いから、身体に合わせたサイズへの買い替えもおすすめさせていただいております。(今後、高学年向けのサイズ等も販売していきます)

そのため、保証期間は3年間とさせていただき、2点でもご購入いただける価格におさめました。

もちろん6年間安心してお使いいただけるよう、保証期間以降もお直し等お承りいたしますのでお気軽にご相談くださいませ。

質問7. 最後に伝えたいことがあれば一言お願いします。

お子さんの身体にあったカバン選びをして頂きたい。という思いを持っています。

今日ではランドセルの素材のバリエーションが少ないので、「友達もみんな使っているから。」という理由で一般的な革や合皮製のランドセルを使っている方がほとんどだと思います。ただ、身体が小さいお子さんが重たいランドセルを背負って、身体を壊してしまうのは悲しいなと思うんです。

ですので、体格の小さいお子さんであったり、地方に住まれていて通学する時間が長い場合は、その体格、状況にあったカバン(ランドセル)を選ぶべきだと思うんです。

これからはお子さんの身体のことを考えて、本当に良いと思えるカバン(ランドセル)を選べる、そしてその選択肢が広がる。そんな未来が来ればいいなと考えています!

ことゆく社さんのインタビューを終えて

今回は静岡県浜松市にある、ことゆく社さんに伺いました。

「ランドセルが重たい。」ということが社会問題になっているなか、「ことゆくラック」のような軽くて機能性に溢れたランドセルを持つお子さんはこれからどんどんと増えていくだろうなと思いました。

お子さんの通学の様子をイメージし、また、親御さんから頂いた希望をもとに、細部までこだわりぬいて作られた「ことゆくラック」。

大切な息子さん、娘さんの通学を少しでも楽にさせてあげたい。という親御さんは是非チェックしてみてくださいね!

ことゆくラックの公式サイトをチェックする

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事