【親御さん必見】ラン活とは?人気の売り切れ必至ランドセルブランドもご紹介!

TOP画像

これから小学生に上がる子供に向けてラン活に励む親御さんもいるはずです。

長く使うことになるランドセルゆえ、子供には良い物を持たせたいと考えるのが親心でしょう。

しかし人気のランドセルを手に入れるには計画的な行動が必要です。

その一方で、チェックしてみたい存在として、リュック型ランドセルがあります。

定番のランドセルと比較するとまだ認知度は低いものの、機能的で使いやすいという良さを備えているランドセルです。

ラン活の際には候補として注目してみるのもおすすめです。

お母さん
子供には品質の良いランドセルを買ってあげたいけど、人気のブランドは早いうちに売り切れてしまうわよね。
コンシェルジュ
たしかに人気のランドセルは早いうちから売り切れてしまいますので注意が必要です。今回はラン活について詳しく解説していきます!

ラン活とは?

売り切れ注意の画像

出典: 土屋鞄

ラン活というキーワードを始めて耳にする人もいるかもしれません。

これはランドセルを手に入れるための活動という意味を持ち、目的のランドセルを手に入れるべく、競争が繰り広げられているのです。

そしてラン活の中で特に注目度が高い存在となっているのが、高級ランドセル工房系ランドセルです。

これらの製品は大量生産がされませんので、狙いを付けて行動をしないと手に入れることが難しいです。

製品によっては予約を開始してからすぐにホームページのサーバーがダウンしたり、ショールームにも長蛇の列ができたりと、注目度の高さを垣間見ることができます。

一般のランドセルなら比較的簡単に入手できるものの、それでも人気色や人気絵柄の物ですと早い段階で売り切れになるケースもあります。

ラン活の時期とは?

ラン活の時期に関しては、大体5月あたりから行動が開始される傾向があり、7月になるとピークを迎えます。

その後、9月頃まではランドセルを探し求めるニーズが多く、10月以降になるとようやく落ち着きを見せるようになります。

なお、このラン活のピークは年々早まってきている点に注意が必要です。

人気のランドセルとなると早く売り切れてしまうという情報も出回っていますから、時期になると決して逃すまいと逐一情報をチェックされるようになります。

お母さん
5月〜7月頃がラン活の時期なのね!この時期は覚えておきたいわ!
コンシェルジュ
ラン活の時期はしっかり押さえておきましょう!また、ラン活の時期は年々早まっているので注意が必要です!

ラン活の対処法とは?

萬勇鞄 画像

出典:萬勇鞄

基本は公式サイトをこまめにチェックすることです。

定期的に情報を確認することで販売時期や予約のタイミングを窺い知ることができ、うっかり波に乗り遅れてしまうこともなくなるはずです。

資料請求をして当たりを付けておくのも心掛けたいことのひとつと言えます。

人気のランドセルに狙いを付けるのも良いものの、しかし大事なのは子供にとって使いやすいかどうかです。

事前にしっかりと情報を集めて子供に適した物に狙いを付けるのが成功の秘訣ですので、来たるラン活に先立って情報収集を行うようにしましょう。

ラン活で売り切れ予想ランドセルブランド5選

お母さん
売り切れ予想の人気ブランドを紹介してくれるのね!ありがたいわ!
コンシェルジュ
ここで紹介するブランドは毎年人気の高いので、しっかり押さえて置いてください!

①萬勇鞄

萬勇鞄のランドセルの画像
価格帯 48,600円〜79,920円
重さ 約1200g〜1500g
ブランド特徴 職人の手作りからできるクオリティ

萬勇鞄のランドセルの魅力は、手縫いでひとつひとつが丁寧に作られていることです。縫製が丈夫なことで長く安心して使用することができ、その上で6年間もの保証があるために、もしもに備えることができます。上質な牛革の割に価格もリーズナブルでコストパフォーマンスに優れます。発売時期は5月の半ば付近になることが多いようです。ホームページへの負担を回避するため、男の子用と女の子用の販売タイミングがずれている点に注意が必要です。

今回は、素晴らしい買い物ができたと思っております。既製品でなく、オーダーメイドで購入したため、娘も大変満足しています。入学前ですが、毎日背負って家の前を自転車で走り回り、枕元に置いて寝るお気に入りぶりです。妥協一切なしの充実した買い物ができました。次回、下の子もお願いしたいと思います。ありがとうございました。

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

②土屋鞄


土屋鞄のランドセルの画像
価格帯 59000円〜120,000円
重さ 約1150g〜1500g
ブランド特徴 シンプルで上品なデザイン

土屋鞄のランドセルはデザイン性に定評があります。洗練された上質なデザインは大人から見ても完成度が高く、ワンランク上の製品づくりを堪能できます。素材や手縫いにも拘りを持ち、細部の作り込みまで丁寧さを感じられます。発売時期は4月頃になるようですが、その時々でタイミングで違いますので、公式のアナウンスをこまめにチェックするのがお勧めです。年の始まりからカタログ請求が開始されますから、早めにアプローチして当たりを付けておくと良いでしょう。

子供には、幼稚園のママ友の間で評判だった土屋鞄のランドセルを購入しました。中でも、馬のお尻の部分から取れるコードバンと呼ばれる皮を使ったタイプにしました。正直、お値段は高いと思います。しかし、高級感がある艶としなやかさで、ランドセルの中では最高のものだと思いました。色合いもとても素敵でした。緑、キャメル、ボルドーの3色の中から、子供は緑を選びましたが、6年間全く飽きがこなかった様子です。細かなパーツへの拘りや縫製のラインも素晴らしく「美しい」ランドセルであり、6年間ほとんど買った時のままの蓋のカーブなど、ペシャンコにならない「丈夫さ」を持った、その値段に十分に見合うランドセルだと思いました。

出典:みん評

公式サイトはこちら

③鞄工房山本


山本鞄 メイン
価格帯 57,000円〜179,000円
重さ 約1300g〜1500g
ブランド特徴 おしゃれ&優れた耐久性

鞄工房山本では、丈夫さに拘りを持ったランドセル作りがされています。例えば肩ベルトにしても、つなぎ目のない革を使うことで途中から糸が解れてしまうといったことがありません。その他にも細部まで徹底して丈夫さを追求し、6年間の使用後でもキレイな状態を保ってくれます。発売時期に関しては5月頃になる見込みですが、詳しい日にちに関しては正式なアナウンスをチェックすることが大切です。ホームページのみからの販売ですからこまめな情報集中がカギです。

入学したての頃は、まさにランドセルが歩いているかのようでしたが、いつの間にかとっても似合うようになっていました。 息子もお気に入りのランドセル! 鞄工房山本さんに出会えて良かったです。これからも、大切に使わせてもらいます。 ステキなランドセルをありがとうございました!

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

④中村鞄


TOP画像
価格帯 48,000円〜88,000円
重さ 約1100g〜1350g
ブランド特徴 職人こだわりのランドセル

中村鞄のランドセルはシンプルながらも上品さのあるデザインで飽きが来ないのが特徴的です。背負いやすさにも魅力があり、背クッションや背カン、肩ベルトなどに負担を軽減するための工夫がされています。体にしっかりとフィットすることで軽い背負い心地を実現します。発売は4月頃から行われますが、オンラインショップでの販売ゆえにラン活の影響に注意が必要です。5月頃には展示会販売がされるものの、それまでに売り切れになる可能性もあります。

待ちに待ったピンクのランドセル。幼稚園から帰ると毎日毎日背負ってます(笑)春が待ち遠しい毎日です。

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

⑤セイバン


子供3人がランドセルを背負っている画像
価格帯 57,240円〜91,800円
重さ 約1130g〜1520g
ブランド特徴 天使のはねで体感重量が軽い

セイバンのランドセルは天使のはね機能を備えているのが特徴的です。体にほど良くフィットすることで背中に重さを感じにくいです。さらには背カンが左右連動して動きますので重心が安定しやすく、子供がアクティブに活動しても邪魔になりません。予約は7月頃から開始されることが多いですが、先行予約がされることもあるために注意が必要です。10月頃には人気タイプが殆ど売り切れますので、早めの行動を心掛けた方が良いでしょう。

ランドセルは子供が6年間毎日使うものなので、やはり使いやすさが大事だと思い選びました。男の子なので、多少荒っぽく扱っても大丈夫なもの、軽くて身体に負担がかからないもの、A4サイズの資料も入るもの、など条件はいろいろありましたが、こちらはきちんとこだわって作られており、納得のいく商品だったので決めました。そして、やはり子供自身が気に入るデザインであることも大事でした。定番の黒を選びましたが、シンプルながらも、サイド部分にちょっとしたステッチでデザインがされていたりして、ちゃんと個性も主張できるランドセルで、本人も大満足でした。

出典:みん評

公式サイトはこちら

【まとめ】早めの行動がラン活のカギになります

ここまでラン活で競争必至のランドセルについて解説をしてきましたが、早めにアクションを起こさないと手に入れることが難しいです。

メーカーによっては例年よりも早く発売が開始されることもあるため、情報を定期的にチェックして逃さないように注意した方が良いでしょう。

なおリュック型ランドセルという選択肢もありますので注目してみるのがおすすめです。

リーズナブル且つ多彩なカラーバリエーションで子供に選ぶ楽しさを感じられます。

軽い背負い心地は本革のランドセル以上であり、ラン活の際には注目してみてはいかがでしょう。