【必見】ランドセルの処分はどうしたらいいの?5つの処分方法をご紹介!

処分メイン画像

ランドセルの処分には実は方法がたくさんあるんです。

自宅に小学生のお子さんがいる場合、小学校を卒業すると共に不要になってしまうのがランドセルです。

6年間子供が背負った物ですから、思い入れがあるという方も少なくありません。

しかしバッグとしては6年間使用してだいぶ傷や痛みが目立つ場合も多いですし、ランドセルは小学生が利用する物なので、実際に他の場所で利用する機会もほぼないことから、処分方法に悩んでしまう方も少なくありません。


ランドセルの処分方法がわからないという方に様々な処分方法をご紹介します。

お母さん
子供が小学校を卒業してしまうと、使わなくなるランドセルってどうやって処分したらいいんだろう?
コンシェルジュ
ランドセルの処分方法って知らない方が多いですよね。そこで今回は5つの処分方法をご紹介します!

ランドセルの処分方法

出典:セイバン

①リメイクする

ランドセル自体はバッグとしてはかなりの大きさがあり、実際に自宅に保管しておくにしても場所をとってしまうことからどうしても処分をしなくてはいけなくなると諦めてしまう方は少なくありません。

しかし大切な子供が小学校6年間を一緒に過ごしたバッグだからこそ、他の形にリメイクをして手元に残しておくという方法が注目されています。

リメイク専門を請け負っている加工業者を利用すると、財布やペンケースキーホルダー手帳やパスケースなど普段使いが出来るアイテムにリメイクをすることが出来ますし、ミニランドセルに加工することも可能です。

②寄付する

ゴミとして処分をしてしまうのは勿体無いけれど、自宅に保管をしておくスペースが無いという方は、海外の子供への寄付を募っている団体を利用することをおすすめします。

日本国内ではクラレの「ランドセルは海を越えて」キャンペーンや、ジョイセフ、セカンドライフという団体で、海外への寄付活動を行っている特徴があります。

寄付を希望する場合は団体へバッグを送る送料と、海外へ送る費用を寄付する際に負担する必要があるので、約2,500円~3,000円程度の費用がかかることを想定しておく必要があります。

③不燃ゴミで処分する

寄付やリメイクなどをして他人に渡したり、他の物に加工をするという方法もありますが、子供が6年間使用したバッグはどうしても多くの傷や汚れが目立ちます。

バッグ自体のキズがひどい場合は他人に渡すことも出来ないので、ゴミとして処分してしまうのも一つの方法です。

ゴミとして処分をする場合は、お住まいの自治体の区分によってゴミの出し方が異なってくるので事前にチェックをしておく必要があります。

一般的には不燃ごみとして処分をすることが出来ますが、金属部分を外す必要がある場合があるので、ゴミとして出す前にお住まいの自治体に確認をしてみることをおすすめします。

④友人や知り合いにプレゼントする

出典:セイバン

バッグの状態が比較的綺麗な場合は、知り合いや友人で欲しいという方がいれば、譲ることも一つの方法です。

お住まいの市の広報や地方の情報誌では、定期的に「探しています」などのコーナーが掲載されており、ランドセルを欲しい人の情報が載ってることも多いので、誰かに譲りたいと思っている方は情報を探してみることもおすすめです。

せっかくまだまだ使用できる状態であれば、事情があってランドセルを買えない家庭のお子さんに譲ることができます。

⑤オークションに出す

オークションアプリの普及から、不要になった物は何でも売り出すことが可能になってきているので、子供の使用しなくなったバッグなどもまとめてオークションサイトやアプリを利用して売る方が増えています。

売り出す価格の平均は500円~3000円程度で取引されていることが多いです。

ゴミとして捨てるよりもお金が入って、必要な人の元に譲ることが出来るので、利用する方が多くなっている傾向にあります。

ランドセルの処分にはたくさん方法がある

子供の使用しなくなったランドセルは、6年間の思い出が詰まっている物でもあるので、手元に残しておきたいと思っている方も少なくないです。

しかしバッグ自体が大きいので、別の物に新しく加工して手元に残したり、他の人に譲ったり、専門の団体に寄付をすることで必要な人の元で利用される機会が得られます。

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事