【必見】ランドセルの刺繍は入れるべき?デメリットもご紹介!

刺繍のメイン画像

ランドセルは小学生になると6年間使用することになりますし、それを考えて選ぶことは重要です。

デザインやカラーも豊富にありますし、今は選ぶ楽しみもあります。

その中でも注目されているのが刺繍入りのものです。

高級感も出てきますし、お気に入りの刺繍を入れる事でマーク的な役割もあります。

基本的にはランドセルの再度に入れることが多いですが、トップのカバーの所にも入れることがあります。

刺繍を入れる場所はセミオーダーでも選ぶことが出来たり、またフルオーダーではデザインまで細かく指定することも出来ます。

とにかくオリジナリティーも出ますし、今注目されている傾向があります。

刺繍入りのランドセルってどんなもの?

刺繍入りのランドセルは、今男女ともに人気が出てきています。

ランドセルのサイドのあたりに入れることが主流となっていますが、トップカバーの面に小さく入れたりすることもあります。

しかしカバーを付けているお子さんも増えていますので、トップの部分ですと隠れてしまいます。

その際には透明のカバーにするなどの工夫をすれば大丈夫でしょう。

女の子でしたらハートやお花のデザインが人気で、ラインストーンをあしらったものまで種類も豊富にあります。

ランドセルの刺繍のデメリット

①素材の耐久性を保つため

ランドセルに刺繍を入れる事で、耐久性が落ちるというデメリットがあります。

  • 針穴が増える分、素材が裂けやすくなる
  • 糸が擦れて痛んでしまったりほつれてしまったりする

こういったデメリットがあげられます。

もちろんそれを加味して作られている丈夫なものですと、そういった心配はなく使うことが出来たという口コミもありますし、物にもよりますがデメリットとして耐久性が落ちてしまうという事もありますので把握しておくと良いです。

②水が入ってくる

繍糸から水が染み込み、ランドセル内部が水で濡れるといったデメリットがあげられます。

すべてのケースではありませんが、糸の素材にもよりますし、ランドセル自体のつくりにもよりますが、水が入ってきてしまうという事もあげられていますのでその点は把握しておきましょう。

③飽きがこない

刺繍入りのランドセルを購入すると、そのデザインで6年間使うことになります。

無しの物ですと、飽きるという感覚は無いかも知れません。

しかしデザイン性の高い物ほど入れてしまうと飽きてしまうというデメリットも生じてくるケースもあります。

6年間というのは想像よりも意外と長い期間ですし、幼稚園や保育園を卒園したお子さんが、中学生になる前まで使うものと考えると、デザインも迷ってしまったり、そもそも刺繍を入れる事自体考えてしまうという事もあるかもしれません。

ランドセルに刺繍をしたいなら刺繍シールを使う

ランドセルは6年間使いますので、丈夫で飽きずに長く使える物と考えて購入する方も多いです。

しかし、お洒落をしたりマーク的に可愛く仕上げたいという事で刺繍を検討している方も迷ってしまう部分があるようです。

もちろん刺繍をすればオリジナリティーあふれるランドセルになりますし、自分の物だという意識もより高まる部分も出てきます。

しかし、飽きてしまうリスクや、耐久性、そして水が入ってきてしまうと言ったデメリットも生じてくる場合もありますので、迷ってしまうなら他の手段があります。

それが刺繍シールというものです。

貼るだけで刺繍を施したような仕上がりになりますし、その時の気分でデザインを選ぶことも可能なので、飽きてしまったり剥がれてしまったら新しい物に交換することももちろん可能です。

カスタマイズして、いくつかバランスよくつける事でさらにデザイン性も高くなります。おしゃれ上級者のママさんたちの間でもランドセルをカスタマイズするのは今とても人気です。

まとめ

ランドセルは6年間使うものですので、丈夫というだけではなくカラーもデザインもこだわって選んでいきたいものです。

男子であれば比較的丈夫というところに重点を置いて選ぶケースが多いのですが、女子の場合にはカラーもデザインもかなり豊富です。

そのため選ぶ楽しみもさらに増えてきますし、刺繍入りという選択肢もあります。

しかし刺繍を入れてしまうという事でのデメリットも出てきますし、6年間という長い期間で飽きてしまう可能性も出てきます。

その時の気分で変えたり、耐久性の変化にも心配がないシールを貼るという方法はとてもお勧めです。

ランドセルをお子さんと一緒にカスタマイズすることで、お子さんとしても入学する楽しみも一層高まりますし、もちろんそのランドセルを大事に使ったり宝物として扱うことも出来るようになるでしょう。

ハート、フラワー、エンブレム、レインボーなど、種類も豊富にあります。