入学準備、結局何が必要?本当に必要なモノをすべてまとめました。

待ちにまった小学校の入学式。

現在お子さんが年長さんの場合は、いよいよ新しい生活が始まります。

今まで幼稚園や保育園だった我が子が、ランドセルを持って家を出ていく姿を想像できないという方もおられるでしょう。

今回は小学校の入学式で本当に必要なものをまとめました。

また、この記事では

・入学式当日に持っていくモノ
・小学校入学までに身につけておきたい3つのマナー
・小学校生活で出来た方がいい5つのこと

も記載しておりますので、是非こちらの記事をブックマークなどに登録し何度も確認できるようにしましょう。

お母さん
こんなに必要なの?と思うくらい入学式までに必要なものがあるので、出来るだけ早くに準備しておきたいわね!
コンシェルジュ
そうですね!入学準備の中には「本当はあまり必要ないもの」もあるので、そのあたりも説明していきますね!

入学式の準備について

一般的に入学式に必要とされているものを一覧でまとめてみます。

備品 備品内容
教科書 入学式当日に配布
筆箱 シンプルで使いやすいもの
箱形タイプ 鉛筆 B、2B5本。赤鉛筆1本
消しゴム 実用的で大きめのやつ
クレパス 16色入り
色鉛筆 12色入り
はさみ シンプルで使いやすいもの
お道具箱 Aサイズ、フタ付き Aサイズ、フタ付き
下敷き お道具箱に入る無地タイプ
上履き 白いもの
体操着 上は白の半袖、紺のハーフパンツ
体操着入れ フックに下げやすいタイプ
雨傘 雨の日に目立つ色の傘
防災頭巾  27cm×42cm。手作りでも可
防災頭巾カバー イスにかけられるタイプ

 

学校の説明会などで「用意しておいてください。」と言われる備品は上記になります。

今回は実際に購入してよかったと思うものをまとめていきます。

入学式前に、実際に購入してよかったモノ

それでは一つずつ紹介したいと思います。

ランドセル

小学校の生活に欠かせないのがランドセルですね。

6年間という長い間、使用するものになりますので価格だけで判断するのではなく、素材や重さなどにも注意し選んでみてください。

もし、選び方の基準などを知りたい場合は以下の選び方を参考にされてみてください。

【2019年最新】口コミで人気のランドセルブランドおすすめランキング

定番のランドセルを購入されることをお考えの場合は、セイバンのランドセルがオススメです。

人工皮革だけでなく、牛革やコードバンを採用した製品もありますので、お子さんにあったランドセルを選んであげてくださいね。

【口コミ】セイバンの天使のはねランドセルの特徴や評判とは?

筆箱

女の子の場合は、こういった可愛い色の筆箱がオススメですね。

出典:楽天

筆箱の購入はこちら

男の子の場合は、シンプルで三角定規などもしっかり収納されるこちらのモデルがオススメです。

筆箱はしっかりとした収納スペースがあるものを選びましょう。

出典:楽天

楽天での購入はこちら

鉛筆

一年生はキャラクター入りではなく、できれば無地のものという指定が入る学校が多いと思います。

またそういう指定がない学校でも、まだ授業に慣れていないお子さんの場合、無地でシンプルな鉛筆の方が授業に集中できると思いますので、まずは無地の鉛筆を選ぶことをオススメします。

硬度はB、2Bを選ぶようにしましょう。

出典:Amazon

鉛筆の購入はこちら

消しゴム

リーズブルで定番なものを選びましょう。

消しゴムは毎日使うものになりますのでキャラクターのものではなく、ベストセラーのものを使うことでお子さんもストレスなく文字を消すことが出来ます。

出典:Amazon

消しゴムの購入はこちら

クレパス

絵を描くときは持ちやすさが非常に大切になってきます。

小学校低学年のお子さんは器用にものを扱うことが難しいので、太めのクレヨンがオススメです。

このクレヨンは滑らかさを重視し作られているため、塗り絵に適しています。

出典:Amazon

クレパスの購入はこちら

色えんぴつ

黄色のパッケージでおなじみの高品質のロングセラー色鉛筆です。

色鉛筆は24色や36色のものもありますが、基本的には12色で問題ありません。

頻繁に使うものではありませんので、コンパクトに収納できる12色を選びましょう。

出典:Amazon

色鉛筆の購入はこちら

ものさし

授業として“長さ”が出てくる小学校2年生から本格的に使うことになりますが、新1年生の内から慣らせてあげるほうがいいですね。

出典:Amazon

ものさしの購入はこちら

三角定規、分度器も一緒に買っておきたいという場合はこちらの定規セットもオススメです。

出典:Amazon

アマゾンでの購入はこちら

はさみ

ストッパーがついていて、お子さんでも安全なこちらのはさみがオススメです。

女の子はピンク。男の子はブルーの色がいいかもしれませんね。

出典:Amazon

はさみの購入はこちら

のり

水のり、スティックタイプ、チューブのりなど、学校によっては指定のタイプを言われることもあります。

今回は定番のでんぷんのりを紹介させて頂きます。

出典:Amazon

のりの購入はこちら

お道具箱

お道具箱を選ばれる際は学校の机のサイズをまずは確認しましょう。

デザインが良くても、お道具箱が机に入らないともう一度買い直さなければならなくなります。

本体にB5/フタにA4が入るお道具箱となっています。

出典:Amazon

お道具箱の購入はこちら

女の子はこういった可愛いデザインもあります。

出典:Amazon

アマゾンでの購入はこちら

下敷き

小学校の6年間で使うノートのサイズはB5サイズがほとんどです。

そのため、B5サイズの下敷きを選ぶようにしましょう。

キャラクターものや絵柄が描かれた下敷きは、学習の妨げになることがあるので無地やシンプルな下敷きを指定されることが多いです。

出典:Amazon

下敷きの購入はこちら

手提げ袋、上履き入れ

相場は2000円~3000円です。

お子さんが好きそうなデザインのものを選びましょう。

出典:楽天

楽天での購入はこちら

上履き入れも安くで販売されています。

1000円以下で手に入れられるものも多いのです。

出典:Amazon

Amazonでの購入はこちら

体操着入れはナップサックで背負えるものがオススメです。

出典:楽天

楽天での購入はこちら

上履き

学校指定があるかどうかを確認しましょう。

また、メーカーによってサイズが異なることもありますので、お子さんにフィットするサイズを確認してから購入するようにしてください。

派手な色のものもありますが、学校によっては色がついているものを禁止していることもありますのでご注意ください。

上履きの前後にはネームペンで名前を書いておきましょう。

出典:Amazon

上履きの購入はこちら

ネームペン

名前などを書く機会が多いので、ネームペンは買っておきましょう。

すでに自宅にある場合は新しく買う必要はありません。

出典:Amazon

ネームペンの購入はこちら

粘土板

学校によっては入学式に必要な場合がありますので確認し、必要であれば購入しておきましょう。

出典:Amazon

粘土板の購入はこちら

名前シール

学校が始まると、お友達のものと混ざってしまって、お子さんのモノかどうか分からなくなるという事がよくあります。

ですので、全てのモノに名前シールは貼っておきましょう。

今回は水に濡れても大丈夫なものをご紹介しておきます。

出典:Amazon

名前シールの購入はこちら

子供傘

登下校時にかさを振り回し、無くしたり壊したりすることがよくあります。

安くて、機能性に優れたもの。また子供サイズの傘を購入しておきましょう。

出典:Amazon

Amazonでの購入はこちら

これは買わなくてもいいなと思ったモノ

学校指定のものは買う必要がないので、購入しなくても問題ありません。

・絵の具セット
・鍵盤ハーモニカー
・リコーダー
・連絡帳
・防犯ブザー
・粘土

これらのものは学校から支給されたり、学校指定のものがあったりしますので、一度小学校に問い合わせをして、買う必要があるのか確かめましょう。

入学準備に向けてあった方が便利なモノ

電動鉛筆けずり器

是非、鉛筆けずり器は用意しておいてください。

電動のもので、危険な場合は動作が止まる仕様が搭載されているものを選んでください。

出典:Amazon

Amazonでの購入はこちら

キーチェン

鍵をなくさないためにもキーチェーンは用意しておきましょう。

女の子の場合はピンク、男の子の場合はブルーがオススメです。

出典:Amazon

Amazonでの購入はこちら

カードケース

電車で通学する場合は、定期をいれるために必要となります。

怪我など万が一の状況に保険証などを入れておくのもよいでしょう。

出典:Amazon

Amazonでの購入はこちら

入学式当日に持っていくモノ

では次に入学式当日に必要になるものをまとめていきます。

必要なモノ 用途
ランドセル 記念撮影のために必要
筆記用具 ネームペンも忘れずに
ブラックフォーマル 制服でない場合は子供用が必要
美容院の予約 髪の毛を整えておきましょう
ハンカチ、タオル ティッシュもあると便利
メモリーカード バッテリーも用意
子どもが学校で使うもの  学校指定のものを準備

入学式は一生に二度とない貴重な機会です。

その想い出をビデオに残すことができるよう、ビデオのメモリーカード、バッテリーもお忘れなく。

小学校入学までに身に付けておきたい3つのマナー

小学校の生活が始まると、初めて受ける授業などで忙しくなるため、マナーに関しては入学までの期間に身につけておきましょう。

入学に向けて必要なモノを揃えることも大切ですが、小学校の中でお友達とコミュニケーションをとり、充実した生活を送るためにも最低限のマナーはお子さんに教えておきましょう。

1.あいさつ、返事をする

・「ありがとう」
・「ごめんなさい」
・「こんにちは」
・「おはようございます」
・「さようなら」

基本の挨拶はできるようにしておきましょう。

また、先生やお友達に聞かれたことに「はい」「いいえ」と返事が出来ることも大切です。家庭内でも練習するようにしましょう。

2.早寝早起き

これから小学校、中学校、高校と学生生活が続いていく中で非常に大切になってくるのが生活リズムです。

早く起きるためには早く寝ること。これが大切です。

小学校低学年までに、目覚まし時計をセットして一人で起きることができるようになればいいですね。

3.トイレに一人でいけるようになる

小学校のトイレは和式が多いのですが、ほとんどの自宅では洋式が多いと思います。

ですので、和式のトイレが出来ない。ということにならないよう、準備をしておくことが大切です。

小学校生活でできた方がいい5つのこと

入学式のときには出来なくても、出来るだけはやいタイミングで出来るようになった方がいい5つのことをお話します。

すべてのことを一気に出来るようになるのは難しいと思いますので、一つずつ出来るようになっていけるように計画を立てていきましょう。

1.自分の名前が書ける

入学式後は自分の持ち物に名前を書く機会が多いです。

周りから遅れてしまわないように早めから練習しておいた方がいいですね。

2.着替えができる

体操服に着替える際、自分で着替えができ、脱いだ服もしっかりと後片付けできるようにしておきましょう。

整理整頓の習慣をつけることは、今後も大切になってきますからね。

3.学校までに道順を覚える

バスに乗らず、歩いて学校に行く場合、電車を使っていく場合は何度か歩いていき、道順を覚えておきましょう。

目印をいくつか見つけ、最短でいける道を探しておきましょう。

4.食べ物の好き嫌いを無くす

アレルギーなどがある場合は事前に伝えておき、それ以外で嫌いなものがある場合は克服できるように頑張りましょう。

給食が嫌で不登校になったり、周りからいじめられたりする場合もあります。

好き嫌いなくすべての食事を食べるということを習慣づけましょう。

5.人の話をきちんと聞けるようにする

授業中、静かに先生の話を聞いたり、お友達の発表をしっかり聞けるようにしましょう。

簡単なクイズに答えさせたりして、習慣づけるのも一つです。

是非、家庭内でも出来ることは進めていきましょう。

一緒に一度の入学式を最高の想い出に

いかがでしたでしょうか?

『こんなにたくさんあるの。。』と思うほど、入学式、そして小学校生活ではさまざまなものが必要になってきます。

用意しなくてはならないものが足りなくて、困ってしまうのはお子さんです。

お子さんの小学校生活が最高のスタートをきれるよう、しっかりと漏れがないように前もって準備を進めておきましょう。

入学式までに良い習慣を作ることも同時にすすめておきましょう。

入学式に向けて不安な事がある場合は?

今回入学式の準備に関して必要なことをまとめてみました。

「これは必要なの?」
「どれくらい前から準備しておけばいいの?」

など不安なことがあれば、LINE@で特別に無料で相談に乗ります。

ご相談はコチラから
https://line.me/R/ti/p/%40bev9019o

メッセージをお待ちしております!

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事