小学校の土曜日授業が復活!時間は朝8時から12時【2019年最新版】

小学校 土曜日 授業

小学校では土曜日の授業が復活していることはご存知ですか?

2000年頃は土曜日の授業が無くなっていましたが、最近の小学校では土曜日の授業がまた行われているようです。

平日の朝から夕方までだけでなく、土曜日も勉強をしないといけないとなるとお子さまへの負担は大きくなりますよね??

また、あなたが仕事をしている場合は送り迎えなどの問題が出てくるかもしれません。

この記事では2019年最新の小学校事情について紹介していきます!

記事を読むと

 

が分かります。

小学校の入学を控えられているお母さまはしっかりとこの記事を読んで小学校のことを理解しておいてくださいね!

執筆者プロフィール

後藤謙尚(ごとう けんしょう)

よりお子さまに合ったランドセルを知ってもらうために、関西、関東を中心に60社以上のランドセルメーカーを徹底的に分析。実店舗に足を運び、ネットだけでは手に入れられない情報を発信していきます。年長さん向けのお子様をお持ちの方向けに最新情報を届けます。

お母さん
たしかに小学校の入学式がいつ行われるのか、知っておきたいわ!

小学校の土曜日の授業はいつなくなったの?

小学校の授業といえば毎週月曜日から金曜日の平日に行われるのが通常の形態ですが、こうした形状のスケジュールは昔からずっと行われてきたわけではありませんでした。

以前は小学校でも土曜に授業が行われてきましたが、段階的に土曜日が休みとなるようになりました。初めは毎月第2週目の土曜日だけが休日となったのですが、このシステムが導入されたのは1992年のことです。

その後さらに休日が増え、毎月第4土曜日も休みになりました。小学校で全ての土曜日が休みになったのは2002年のことで、以降小学校にも週5日制が完全に定着しました。

小学校の土曜日の授業はなんでなくなったの?

小学校で週5日制が実現されたのには、さまざまな理由があります。

特に大きな影響を及ぼしているのが、当時の日本の社会全体に週5日制が浸透していったことです。一般の企業でも週5日制を実施する企業が増えたことから、こうした事態とのバランスを取るために、公務員としての公立小学校教員にも週5日制が適用されるようになりました。

また、勉強を学ぶ児童にとっても週5日制は大きなメリットがあり、特に詰め込み教育に対する弊害を取り除くことという目的もありました。

それまでの小学校教育は児童に大きな負担がかかっていたためにさまざまな問題が発生し、それらを解決する手段として、余裕のある教育が求められていました。

小学校の土曜日の授業はなぜ復活したのか?小学校 土曜日 授業

21世紀には入ってから公立の小学校では完全な週5日制が定着しましたが、最近では土曜日に再び勉強を教えることが一部で議論されています。

もともと土曜が休校となった背景には、過剰な負荷によるいじめや登校拒否などの子供たちの心の問題も背景となったのですが、今回の土曜日のクラスの復活は、おもに学力の向上を目的としているところにその特色があります。

そのために再度土曜のクラスを復活しても、以前のようないじめや登校拒否が増える可能性もあることから、慎重な議論が進められています。

小学校の土曜日の授業渋谷区の場合

渋谷区 土曜日 授業

出典:渋谷区

土曜日を利用して児童に勉強を教えるという取り組みは、東京都内の自治体でも試験的に行われています(2019年9月7日現在)。

東京都の渋谷区では「土曜・放課後学習クラブ(愛称:まなび~)」という活動を通して、土曜日にも勉強を教えているのが特徴です。この土曜・放課後学習クラブではスクール・アシスタント・メンバーズや教員を志望している大学生などが、ボランティアとして渋谷区の公立小学校で勉強を教えています。

各学校の「まなび~」では、さまざまな工夫や方法により、おおむね小学校3年生以上を対象に、放課後や土曜日にそれぞれ子供たちの状況に応じた学習を行っています。

東京都の品川区の公立小学校では第1・第3土曜日が、原則としてクラスのある日となっています。

これは以前に行われていた土曜日のクラスと同じような形態のものであり、午前中で学校が終わるところに平日の学校との大きな違いがあります。そのため給食もないので、児童は学校が終わったらそのまま自宅で食事ができるようになっています。

小学校の土曜日の授業は見学できるところも

小学校 授業参観

こうした土曜日に行われる再び勉強を教える動きのほかに、東京都の小学校では一年間に数回だけ土曜に勉強を教えている学校もあります。

これは学力の向上を目的とするよりは、子供を学校に通わせている保護者が、子供が学校で学んでいる姿を見学できるようにするための配慮です。

学校のクラスは普段、平日の昼間に行われているために、たまに参観日があっても、保護者が働いている場合には、見学ができなかったのですが、こうした問題を背景として、新しく土曜にも参観日が設けられるようになりました。

土曜日に勉強を教えることで、土日が休日である父親なども子供のクラスを見ることができるようなったため、こうしたイベントは参観日と区別して学校公開とも呼ばれています。

土曜日の授業を見学する際の注意点

保護者が小学校の学校公開を見学する場合にはあらかじめ準備が必要になります。

とくに注意しなければいけないのが履き物です。小学校では上履きを履いて児童が生活していることから、小学校を訪れる際には上履きや脱いだ靴をしまったおくための入れ物などを用意しておく必要があります。

小学校の土曜日の授業は8時から12時まで

公立の小学校で新たに行われるようになった土曜日のクラスは、品川区のように以前と同じようなスケジュールで行われている学校が多いのが一般的です。

クラスが行われるのは午前中だけで、平日のクラスよりも児童の負担が軽くなっているところにその特徴があります。時間としてはおよそ8時から12時ごろまでの4時間程度の内容となっています。

給食がある学校の場合には土曜の学校は給食が出ないことも、多くの学校に共通しています。

土曜日に授業があっても仕事がある場合は?

土曜日にクラスがあっても、仕事があるので子供が勉強している姿を見ることができない場合には、学童保育をうまく利用するという方法もあります。

学童保育は小学校のクラスが終わった後に、両親が働いているために、一人で時間を過ごさなければいけない児童を対象にしている制度です。

学校が終わった後の子供を預かってもらうことができるために、両親ともに働いている家庭にとっては便利なシステムになっています。子供が自由に時間を使うことができるのも一つの特色です。

小学校の土曜日に授業があるかどうかはご確認を

これから小学校に入学するお子さんを持っているご両親は、土曜日にクラスがあるかどうかを事前に確認しておいたほうが、何かと便利です。

土曜日にも授業がある学校の場合には、それに合わせて親もスケジュールを合わせなければいけないこともあるために、子供の予定を知っておくことは何かと都合がよいです。

幼稚園に通学しているときから、子供が将来入学する学校のスケジュールを把握しておくことで、ゆとりを持って対応することができます。

小学校入学にあたり、まだランドセルを見つけられていない場合は『【2019年最新】男の子に人気なランドセルおすすめランキング15選!増税前がお得』の記事もあわせてお読みください。

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事