公立小学校の学費は6年間で200万!?こんなにお金がかかるの?

「公立小学校はお金がかからない!」と思われている方がおられますが、実際には色々とお金がかかってきます。

実際にかかる学費を事前に知っておくことで必要なお金を用意することが出来ます。

今回は公立小学校の学費、そして、その学費を援助してくれる制度などについても、文部科学省が発表している「子どもの学習費調査(平成28年度)」のデータを基にご紹介していきます。

お母さん
言われてみれば、公立小学校の学費が実際にどのくらいのお金がかかるのか分かっていなかったわ!
コンシェルジュ
大丈夫ですよ。地域や学年にもよって学費は変わってきます。今回は援助してくれる制度についてもお伝えしますので、しっかり最後までお読みくださいね。

公立小学校の学費は早めに知っておいた方がいい?

まだお子さんが幼稚園の場合は幼稚園のことで精一杯なのが一般的だと思います。しかし、小学校が始まってしまうと入学式の準備などでかなり忙しくなってきます。

ですので、お子さんが進学される小学校の事は少しでも早めに調べられることをオススメします。

その理由はどれくらいの学費がかかるのかを事前に理解していると、経済的にも精神的にも余裕を生むことが出来るからです。

事前に調べ、準備をしていくことでお子さんの小学校生活がより充実したものになるでしょう。

公立小学校の学費は平均いくら?

下記にある表を見て頂ければ分かりますが、文部科学省の調査結果によると平成28年(2016年)の公立小学校の学費は約32万2千円となっています。

私立小学校は約4.7倍の約152万8千円だというから驚きです。

公立小学校の学費(6年間)
費用の区分 6年間平均 6年間に換算すると
学校教育費 60,043円 360,258円
学校給食費 44,431円 266,586円
学校外活動費 217,826円 1,306,956円
合計 322,310円 1,933,860円

出典:文部科学省「子どもの学習費調査(平成28年度)」

費用の区分の部分では学校教育費、学校給食費、学校外活動費の3つがあります。

学校教育費は授業料、修学旅行・遠足・見学費、学級・児童会・生徒会費、PTA会費、その他の学校納付金、寄付金、教科書ひ・教科書以外の図書費、学用品・実験実習材料費、教科外活動費、通学費、制服のことです。

学校給食費は主に給食費用、そして学校外活動費は「補助学習費」と「その他の学校外活動費」の合計で「補助学習費」というのは家庭内学習費(物品費、図書費)、家庭教師費等、学習塾費などのことを指します。

その他は体験活動・地域活動、芸術文化活動(月謝他)、スポーツ・レクリエーション活動(月謝他)などのことを言います。

私立小学校の学費について知りたい場合はぜひこちらの記事も合わせてお読みください!

私立小学校の学費は高すぎる!年収は1000万円あっても足りない?

2019.07.24

公立小学校の学費は東京と大阪で違う?

人口規模別にみた学習費総額
区分 平均 5万人~15万人 15万人以上
指定都市、特別区
学校教育費 60,043円 63,105円
61,088 円
55,090
学校給食費 44,441円 44,466
44,584
44,542
学校外活動費 217,826円   173,487円   216,311円 310,062
合計 322,310円 281,058円
321,983円
409,694円

出典:文部科学省「子どもの学習費調査(平成28年度)」

小学校の学費は地域によっても異なってきます。その金額は人口によって決まってきます。

特徴としては

  • 「学校教育費」に関しては、公立中学校では人口規模が大きくなるほど少なくなっているが,いずれの学校種でも学校外活動費ほどの大きな傾向はない。
  • 「学校外活動費」に関してはいずれの学校種においても,人口規模が大きくなるほど学校外活動費が多くなっている。

といったことが挙げられます。

公立の小学校といっても、全国の学費が同じというわけではありませんので、お子さんが通われる地域の小学校がどのくらいの学費なのかを調べられることをオススメします。

公立小学校の学費が学年によっても変わる?

また、公立小学校の学費は学年によっても多少の変化が出てきます。

下記の図をご覧ください。

公立小学校と私立小学校の学年別の学費
区分 公立小学校 私立小学校
小学1年生 342,640円 1,842,650円
小学2年生 270,917円 1,275,934円
小学3年生 289,272円 1,365,914円
小学4年生 310,908円 1,464,090円
小学5年生
345,078円 1,557,348円
小学6年生
375,358円 1,658,692円

出典:文部科学省「子どもの学習費調査(平成28年度)」

公立小学校と私立小学校の学費を表にしました。公立小学校は小学1年生の時に342,640円、小学6年生の時に375,358円と他の学年よりも比較的高くなっています。

その理由は小学1年生の時は入学の準備関連の費用が含まれているためと考えられます。小学校高学年の場合は、中学受験に向けて学習塾などへ通われるため費用がかかるため少し高くなっています。

公立小学校の学費の中で入学時にかかる額は?

まず小学1年生になる前に直近でかかってくるのが入学準備費用です。

入学費用:10万円
入学金:10万円
制服:3万円
体操着:5000円
体育館シューズ:3000円
制服:1万5000円
教材費:年間3万円

出典:ヤフー知恵袋

公立小学校の入学時にかかる金額でも数十万円(30万円弱)は考えておいた方がいいかもしれません。

より費用を抑えて節約していていきたいという場合は、入学準備についてまとまっているこちらの記事もあわせてお読みください。

入学準備、結局何が必要?本当に必要なモノをすべてまとめました。

2019.05.03

公立小学校の学費以外でかかるお金?

先ほども少しお伝えしましたが、公立小学校の学費以外に学童費用や、お子さんの将来を見据えた教育の費用がかかってきます。

学童保育の費用中学受験に備えた費用です。

学童保育の費用とは

もしあなたのご家庭が共働き、もしくはひとり親であれば学童保育にお子さんを預ける必要が出てきます。

学童保育の費用は地域によっても異なってくるのですが、大体の相場は月に5,000円~10,000円の負担額がかかってきます。

お子さんが通われる小学校に学童保育がある場合も多いですので、是非ご確認してみてください。

中学受験に備えた費用とは

文部科学省「学校基本調査(2018年度)」によりますと全国の私立中学校への進学率は平均で7.3%となっています。地域ごとの進学率を見ていくと

  • 東京都は全体の24.8%
  • 高知県は全体の18.0%
  • 京都府は全体の13.2%
  • 奈良県は全体の12.4%

が私立の中学校へ進学するというデータがあります。

小学校の高学年(4年生)から受験勉強を始めた場合、塾代、夏期講習、冬季講習、受験費用など、3年間で200万程度のお金が必要になってきます。

個人塾などに通えば、もう少し費用を抑えることは出来ます。また小学6年生になってくると合格後の入学費用などもかかってきますので、そういった金額も考慮する必要があります。

公立小学校の学費をサポートする制度とは?

大きく学費の援助をしてくれる就学援助制度を利用する方法と、実際にかかってくるお金を下げる2つの方法があります。

この2つについて紹介していきます!

就学援助制度とは

経済的な事情のある世帯の子どもに対して、小中学校の学用品の費用を補助する制度のことです。

どういった方がその対象になるのかについてですが、

  1. 現在、生活保護を受けている方(要保護)
  2. 生活保護は受けていないが、これに準ずると教育委員会が認める方(準要保護)

の2種類があります。

あくまで目安ですが、東京都文京区の場合

  • 父35歳、子小4の2人世帯で収入が約279万円の場合
  • 父35歳、母32歳、子小4の3人世帯で収入が356万円の場合
  • 父35歳、母32歳、子小4、子4歳の4人世帯で収入が約390万円の場合
  • 父45歳、母42歳、子17歳、子中2の4人世帯で収入が約427万円の場合
  • 父40歳、母37歳、子中2、子小4、祖母64歳の5人世帯で収入が約476万円の場合

出典:就学援助(小・中学校でかかる費用の援助)

上記の条件に当てはまっていると、この制度を受けることが出来ます。

※事前にお問い合わせいただいても、審査前に認定基準所得額の計算をすることはできません。

就学援助制度の内容

この就学援助制度によって援助される項目は

  1. 学用品費
  2. 体育実技用具費
  3. 新入学児童生徒学用品費等
  4. 通学用品費
  5. 通学費
  6. 修学旅行費
  7. 校外活動費
  8. 医療費
  9. 学校給食費
  10. クラブ活動費
  11. 生徒会費
  12. PTA会費

その支給額の詳細は下記のようになっています。

就学援助の具体的な内容
援助費目 対象 支給額
学校給食費 全学年 実費
学習支援費
(※注1)
小1 15,690円~1,305円
小2-小6 18,880円~1,570円
新入学用品費
(※注2)
小学校就学前・(小1) 63,100円
小6・(中1) 79,500円
卒業アルバム補助 小6 7,500円
夏季施設参加費 小6 実費
移動教室参加費 小5・6 実費
遠足費・校外授業費 全学年 実費
通学費
(※注3)
全学年 実費
PTA会費
(加入者のみ)
全学年 3,410円

出典:就学援助(小・中学校でかかる費用の援助)

申請方法などに関しては各地域にお問い合わせしてみてください。

オンライン塾や医療費控除などで費用を抑える

もう一つのお子さんにかかるお金を節約する方法としては通う塾をオンライン塾にして、月額数千円程度まで抑える方法があります。

今日では家にスマホやタブレッドがあれば、塾に通わなくても授業を受けられるサービスがあります。そういったオンライン塾を活用することで費用を下げることが出来ます。

また、医療費用の支払額が10万円を超える場合などに、確定申告をすることで、支払っている税金の一部が還付される医療費控除を利用するという方法があります。

こういった方法を活用することで、学費の負担を少し楽にすることが可能になりますね!

公立小学校の学費を効率的に準備するために

いかがでしたでしょうか?

今回は公立小学校の学費。またその学費を安く抑えるための方法についてお伝えしました!

実際に小学校に通われると、「お友達がしている習い事をしたい!」といったことお願いされることがあるかもしれません。

将来的なことを考えると、中学校、高校、大学の費用もかかってきますので、一つずつの選択を慎重に行うことが大切です。

お子さんの将来を考えて、ベストな方法を相談しながら進めていくことが大事になってくると思います。

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事