【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

小学校に入学する際にたいていの場合必要になってくるのがランドセルです。
どのメーカー、どの商品を選ぶのかは一それぞれで変わってくることになりますが、その購入時期については時に注意が必要になっていきます。オーダーメイド商品だと入学式直前に注文するわけにもいきません。
それ以外の商品に関しても、できるだけ余裕をもって商品を購入することが時に大切になってくるというわけです。

ランドセルの安い時期とは?


そもそも、ランドセルの安い時期とは一体いつのことなのでしょうか?
ここ最近の傾向として、その購入のタイミングは早くなっています。早く購入した方が価格が幾分抑えられているのでは?と思われている人もいるでしょうが、実際はそうではありません。
確かに人気商品を購入するのであれば早めの注文がポイントとなりますが、ランドセルが最も安くなるのは在庫処分が行われる12月~3月の期間です。ランドセルのお得な購入時期というのであればこのタイミングがベストです。

4月~5月

4月~5月のタイミングはランドセル商品の中でも最新のカタログを入手できる時期でもあります。同時に注文も可能になっていくので5月の大型連休を利用して、家族で下見をしているという人も多く見受けられます。
最新のランドセル、人気の商品であれば、できるだけ早く予約をしておかなければ購入も難しくなってくるため、早め早めの行動が大切です。

6月~9月

ランドセルの購入時期の中でもとりわけ繁盛するのが6月~9月のタイミングです。夏休みに入って家族で下見がしやすいというのもありますが、実際にメーカー側が先行予約を開始するのもこの時期です。人気商品や最新商品であればこのタイミングで続々と予約が埋まっていってしまいます。
子供たちが本当にほしいと思うランドセルを選びたいというのであればこうした購入時期に関しても注意が必要です。

10月~1月

10月~1月のタイミングになると、人気商品やその年の最新デザインの商品はすでに売り切れていることが多くなります。当然、選択肢の幅も狭まってくることになるため、人によっては不向きなタイミングです。とはいえ、この時期は年末年始の帰省時期でもあるため、実は意外に購入者数が伸びる傾向にあります。

2月~3月

入学式が間近に迫った2月~3月、この時期になるとランドセル自体が品薄になっている可能性が出てきます。
ただ、このタイミングで店舗では在庫処分のセールを行うケースがおおいので、より安く目的のランドセルを購入したいという人にはおすすめです。逆に人気商品を購入したい、何か目的の商品が既に決まっているという人は注意していきましょう。

ランドセルが良く売れている時期

では、1年を通してランドセルがよく売れている時期はいつなのでしょうか?

やはり学校が休みに入る6月〜9月ランドセル売り上げのピークです。大型販売店やショールームなど、大々的に宣伝を行うのもこの時期のため、その分売り上げもあがっていくというわけです。家族で下見がしやすく、先行予約も始まる、まさにランドセル購入の絶好のタイミングです。

ランドセルを安さだけで選ぶデメリット


ランドセルは革製品のため、その分価格も幾分高くなっていきます。ものによっては10万円を超える金額が必要になってくることもあるので、安さを追求する人にとってはつらい部分もあるでしょう。
ランドセルはできるだけ安いものをと思われる人もいるでしょうが、安直に安い商品ばかりを選ぶのは危険です。耐久性がなかったり機能性が低くなったり、結果的に新たにランドセルを購入しなければいけないこともあるので、余計に出費がかさんでしまいます。

時期を気にせずランドセルを安く購入する方法

ランドセルを安く購入したいという人は、その購入のタイミングを調整するのはもちろんですが、その他にもメーカーのネットサイトをチェックする方法がおすすめです。各メーカーのサイトでは、アウトレット商品を多く取り扱っているため、掘り出し物商品をお得に購入することが出来ます。
アウトレット品ではありますが、ブランドものなので機能性や耐久性も十分です。

低価格で品質も良いランドセルメーカー

①フィットちゃん

出典:フィットちゃん

まず挙げられるのが「フィットちゃん」です。この商品はシリーズやカラー、大きさを自由に選ぶことが出来るオーダーメイド商品で、より自分たちの好みに合ったものをチョイスすることが出来ます。
オーダーメイド商品なのにも関わらず、最安のものであれば4万円程度で購入することが出来るので、安さを追求する人にもおすすめです。

②セイバン

出典:セイバン

セイバンのランドセルは子供たちが背負いやすいこと、機能性をより重視しているのが特徴です。
肩のバンドや背面には独自の設計が取り入れられているため、重い荷物を毎日運ぶ小学生の負担を幾分軽減していくことが出来ます。セイバンの商品は5万円から8万円程度で購入することができ、高級なものが多いランドセル商品の中でも比較的手の出しやすい価格帯となっています。

③キッズアミ

出典:キッズアミ

キッズアミであれば、6万弱~9万円程度でランドセルを購入できます。
キッズアミは一つ一つの商品を職人の手縫いによって仕上げています。手縫いの商品であればその分耐久性が増していきますし、品質においてもある程度の信頼がおけます。それだけの商品をこの価格帯で購入できるというのですから、これは検討してみるに越したことはありません。

ランドセルを安く購入する方法

(1)商品券を使う

ランドセルを安くするために、商品券を使うという方法もおすすめになっていきます。
商品券を使用すればおよそ3%~7%の割引を適用させることが出来ます。もちろん、それぞれの商品券によってその割引率はかわってくることになりますが、数万円単位の費用が掛かるランドセルですから、数%の割引率でも安くなるに越した事はありません。10万円の商品であれば5%の割引だけでも5000円分の割引が適用されます。
これはあくまで例えの話ですが、元々の価格が高ければ高いほど割引価格が高くなっていくので、商品選びの際には参考にしていくといいでしょう。

(2)クレジットカードで支払う

この他、ランドセルを安く購入するために、クレジットカードで支払うという方法も挙げられます。クレジットカードを使ったからと言って価格が極端に安くなるというわけではありませんが、クレジットカードの種類によっては還元率が高く、その分後になって得をすることになります。
ポイントで還元されるのか、また別の形で還元されるのか、この点も一緒にチェックしておくといいでしょう。クレジットカードのキャンペーンなども併用していけば、数百円~数千円分のポイントが還元されることもあります。

(3)ネットオークションを使う

ネットオークションを使えばさらに費用出費を安く抑えることが出来ます。ヤフオクやメルカリであれば、通常よりもかなり安い金額で商品が売り出されています。それぞれの商品で状態や価格帯は異なってくることになりますが、時には新品同様で掘り出し物の商品もあるので、人によってはおすすめになっていきます。
中には展示品や中古品など何かしら理由があって安いという商品もあるので、その見極めは慎重に行っていくようにしましょう。

(4)ブランド品を諦める

ランドセルをより安く購入するために、最初からブランド品を候補から除外するというのも一つの手です。
ブランド品はその名前が有名で信頼性が高い分、価格が高くなる傾向にあります。価格を少しでも抑えたいというのであれば最初からブランド品ではなく、ニトリやホームセンターなどで売られているノーブランドタイプのものを選んでいきます。たったこれだけのことでも費用負担を数万円単位で抑えることが出来ます。

ノーブランドとは言いつつも、最近では丈夫で機能性に優れた商品も多くあります。しっかり下見さえしておけば十分に事足りる代物です。

まとめ

ランドセルを購入する際、その目的に応じて購入時期を検討することが大切になっていきます。もしも最新デザインの商品、人気商品を購入するのが目的だというのであれば、下見は4月〜5月のタイミングで済ませておくことです。その後、ランドセル購入のピークでもある6月〜9月の間に先行予約をしておけば、目的の商品が売りきれになって悔しい思いをすることもありません。

逆に安さを追求して、メーカーやシリーズにこだわりがない場合には、2月から3月のセールのタイミングで商品を購入するのがベストです。この他にも安いランドセルを購入する方法はありますが、その都度、より自分たちに合った方法を選択していくといいでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事