【保存版】ランドセル完全攻略ガイド!9つの選ぶ基準と購入方法を解説!

子どもが6歳になると小学校に入学し、卒業するまで毎日通学します。

小学校に登下校するする時の通学鞄としてランドセルを利用します。

ランドセルは一度購入したら卒業するまで6年間にわたり毎日使い続けるもので、途中で買い替えをすることができません。

そのため、親の方であれば子供にとって最善と思える方法でランドセルを選びたいと思うはずです。

小学校に通学するために毎日使用する子供のランドセルの選び方についてを、分かりやすくご解説します。

お母さん
子供に最適なランドセルを選んであげたいわよね!
コンシェルジュ
そうですよね!選び方のポイントや注意点も交えて詳しく解説していきます!

ランドセルってどうやって選ぶの?

一見するとどれも似たようなデザインに見えるランドセルでも、非常に多くの種類があります。

メーカーや価格帯によって色・材質・重量・デザイン・耐久性・使い勝手などの面で違います。

比較的低価格のものから馬革などの高価な素材を使用した高級品まで、幅広く販売されています。

そのため子どもの体型や通学路の様子、都市部・地方などによって最適な製品を選ぶ必要があります。

子どもにとって一番良いランドセルを選ぶために、いくつかのポイントごとにチェックしながら比較・検討すると良いでしょう。

ランドセルの選び方について

(1)そもそもランドセルはいつ購入するの?

1つのメーカーでその年に製造することができるランドセルの数には限りがあり、小学校に入学する前の年の秋になると予約が一杯になってしまいます。

ほとんどの方は8月頃までにモデルを選んで発注しています。

この時期なら人気の高い会社でもまだ予約を受け付けているので、多くの種類から選ぶことができるからです。

夏を過ぎてしまうと選択の範囲が狭くなってしまうので、希望するデザインやブランドのランドセルを購入することができなくなってしまいます。

良いランドセルを購入するために、早めに選んで注文をすることが大切です。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(2)ランドセルの価格はどのくらい?

子供3人がランドセルを背負っている画像

出典:セイバン

ランドセルの価格帯は1~2万円の格安品から、10万円を超えるような高級品まで非常に幅が広いという特徴があります。

格安品は安価で購入することができますが、耐久性が低いことやアフターサービスが不十分などのデメリットがあります。

ランドセルにはいくつかの価格帯が存在するので、ランドセルを購入する予算を決める際は価格帯と品質や特徴を把握しておくことが大切です。

品質やアフターサービスと値段は密接な関係があるので、両者のバランスを考慮しながら選ぶようにしましょう。

【2019】ランドセルの値段はいくら?価格帯別のブランド紹介も!

2018.04.07

(3)ランドセルの素材ってどれがいいの?

ランドセル 素材画像

出典:萬勇鞄

鞄に使用される素材は価格や耐久性を大きく左右する要因のひとつです。

現在販売されているランドセルの素材には人工皮革や牛革・コードバンなどがあります。

それぞれの材料ごとに鞄の重量や見た目・質感、耐久性などの面で大きな違いがあります。

それぞれの素材の特徴とメリット・デメリットを把握した上で選ぶようにしましょう。

鞄に使用される素材は値段にも関係しているので、予算との兼ね合いも考慮しながら選ぶ必要があります。

ランドセルの素材はどれが良い?牛革や人工皮革の特徴も紹介!

2018.02.13

(4)ランドセルの形の種類は?

ランドセルの画像

出典:ACTUS

ランドセルのデザインも地方ごとに人気に違いがあるので、地元の傾向を把握しておく必要があります。

ランドセルの基本的なデザインとして「縦型全かぶせ型」「縦型半かぶせ型」「横型半かぶせ型」などに分けられます。

最もオーソドックスな形は「縦型全かぶせ型」で、種類が豊富です。

これに対して半かぶせ型はカジュアルなデザインです。

横型・縦型や「かぶせ」の種類などデザインの違いは使い勝手にも大きく影響するので、それぞれの特徴や使い勝手を知っておくようにしましょう。

【おしゃれ好き必見】半かぶせのランドセル8選!メリットやデメリットもご紹介!

2018.04.14

(5)ランドセルの色は?

生田 ランドセルの画像

出典:生田

ランドセルの色と言えば昔は黒と赤の2種類だけでしたが、今は都市部を中心にピンクや水色などのカラフルな色の鞄も人気を集めています。

黒と赤以外で人気の高い色はすぐに売り切れてしまうことが多いので、早めに選んで予約をする必要があります。

これに対して地方であれば今でも黒と赤の2種類しか使用されていないため、派手な色を選んでしまうと浮いてしまいます。

いずれにしても6年間使用し続ける物なので、周囲の環境やデザイン性バランスを考えて選びましょう。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(6)ランドセルのデザイン

複数のランドセルの画像

出典:LIRICO

今は多くの種類のデザインからランドセルを選ぶことができます。

都市部の小学校であれば、カジュアルな半かぶせ型の鞄を持つ子供も増えています。

これに対して地方小学校であれば昔ながらのシンプルなデザインのランドセルを持つ子供が多いです。

デザインを決めるに際して、地元の小学校に通う子どものランドセルの形をも重要なポイントのひとつです。

デザインと機能性・耐久性は密接な関係があるので、見た目と使い勝手のバランスをよく考えて選ぶことが大切です。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(7)ランドセルのサイズや重さは?

男の子がランドセルを背負っている画像

出典:土屋鞄

見た目が似ているランドセルでも、重い物と軽い物があります。

軽量型のランドセルは疲れにくいのですが、人工皮革で耐久性が低かったりサイズが小さくて教材を収納しにくいというデメリットがあります。

逆に大きめのサイズで丈夫なものは、子どもが疲れてしまいます。

通学距離や子どもの性別や体格に合わせて、重量と耐久性・サイズのバランスを考えて選ぶようにしましょう。

ほぼ同じ重量の鞄でも背負った時の感覚が違うので、実際に子供が背負ってみて体感体重を確認して選ぶことが大切です。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(8)ランドセルの収納量

セイバン A4フラットファイル対応の説明画像

出典:セイバン

ランドセルとは子供が小学校で使う教材を入れて運ぶための道具です。

そのため、学校で使う教材を収納することができるような鞄を選ぶことが大切です。

小学生用の教材はサイズが大きい物が多く、収納量が小さいとノートなどを曲げて入れなければならない場合があります。

教科書やノート以外にも体操着などを収納することもあります。

収納量の大まかな目安として、A4クリアサイズのファイルが入るかどうかをチェックしてみることができます。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(9)ランドセルの保証は?

セイバン 6年間保証の画像

出典:セイバン

ランドセルは小学校を卒業するまでの間毎日使う物なので、使用途中に壊れてしまう事があります。

そのため、国内のランドセルメーカーであれば、小学校を卒業するまでの間に壊れた時に無償または有償で修理する6年保証が付いています。

人気の高い国内の有名メーカーであれば、無償修理や修理期間中の代替品レンタルサービスが利用できます。

これに対して信頼性の低いメーカーだと、故障した際に保証が受けられない事もあります。

購入後のアフターサービスの有無もチェックしておくことが大切です。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

ランドセルの購入方法

(1)ランドセルの購入の流れ

出典:池田屋

購入方法ですが、実店舗でサンプル品を見てから注文をする方法・オンラインで購入する方法・店頭で既製品を購入する方法の3通りがあります。

高級品は受注生産となるので、メーカ直営の店舗に出向いて製品を選んでから発注をします。

オンラインで購入する場合には、あらかじめ実店舗や展示会などで実物を確認してからネットで注文をすることができます。

実店舗で購入する場合には大手スーパーやデパートなどで実物を見て購入します。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(2)ランドセルの展示会へ行こう!

出典:池田屋

具体的にメーカーやブランド・デザイン・色などを決めていなければ、ランドセルの展示会に行って各社の製品を見比べてみることができます。

展示会ではブースごとに各メーカの担当者が製品の特長や種類などを説明してくれるので、サンプル品をチェックしたり質問をしてみましょう。

実物を見比べたり実際にサンプル品を背負ってみて、どのメーカーを選ぶか決めます。

オンラインで注文する場合には、展示会を活用して実物をしっかりチェックすることが大切です。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(3)オンラインで購入する

ランドセル 通販の画像
ブランドやメーカごとに、ランドセルの購入方法には違いがあります。
最近はパソコンやスマートフォンを利用してオンライショップでランドセルを購入する人が増えています。

オンラインショップを利用する場合には同時に複数のブランドを比較したり、安いお店を選びやすいというメリットがあります。

オンラインショッピングであれば店舗に出向く必要がなく、自宅に居ながら簡単に注文をすることができるという利点もあります。

オンラインで購入する場合には信用ができるお店を選ぶことや、アフターサービスについてをきちんと確認することが大切です。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(4)店頭で購入する

出典:池田屋

多くの方は子供のランドセルを購入する際に、大手量販店・家具専門店・デパートなどの実店頭を利用しています。

店舗に出向いて実際に製品を見たり売り場の店員に質問しながらランドセルを選ぶことができるからです。

店舗に行かなければなりませんが、実物を見て選べることから大半の人がこの方法で購入しています。

大手量販店には多くのメーカーの製品が扱われているので、幅広く選ぶことができます。

工房系の有名ブランドの直営店やショウルームに行けば、自分の好みに合わせてオーダーをすることも可能です。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(5)安く購入する方法は?

出典:池田屋

ランドセルは平均的なクラスの製品でも4~5万円もする高級鞄です。

同じ製品であれば、安い方法で購入した方がお得です。

購入予定のメーカ・モデルが決まっている場合には、実店舗を利用するよりも人件費がかからないオンラインショップを利用した方が安く購入できる場合があります。

同じ製品でも購入する店舗や方法によって値段に違いがあります。

購入予定の製品を選んだら、1円でも安くなる方法でランドセルを購入するようにしましょう。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

購入後のランドセルまとめ

(1)ランドセルカバー は必要?

ランドセルカバー

多くの小学校では「かぶせ」の部分に入学して1年間は学校が指定する黄色いカバーを付けるように指示されます。

2年目以降はカバーを使用しないか、好きなカバーを選ぶケースが多いようです。

ランドセルカバーは鞄を保護するだけでなく、遠くから目立つようにする目的もあります。

基本的にランドセルは6年間使用し続けることを前提に設計されているのでカバーを付けなくても大丈夫です。

それでも高級品なので傷や汚れを付けたくないとか、ファッション目的でカバーを付ける場合があります。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(2)ランドセルのおすすめの収納方法は?

ランドセルを購入したら、家の中で収納場所を決めておく必要があります。

もしも収納場所を決めておかないと、帰宅後に子供がランドセルを床に放置して部屋が散らかってしまうからです。

ランドセルの収納場所や方法を決める時には部屋のスペースを有効に活用することや、子供が出し入れをしやすいことなどを考慮するようにします。

専用の収納スペースを確保しておくことや、邪魔にならないようにするために棚などを設置することが必要です。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(3)ランドセルの処分方法

ランドセル 寄付

出典:ジョイセフ

子供が小学校を卒業したらランドセルは不要になるので、処分をする必要があります。

廃棄物として処分する場合には各自治体のルールに従い、燃えないゴミに出すケースが多いです。

ただし最近のランドセルは耐久性が高いので、使用可能な状態である場合もあります。

まだ使えそうな場合にはゴミとして廃棄するのではなく、途上国に寄付したりリメイクなどをしてリサイクルする方法もあります。

最近は企業や団体を通して、使用済みの鞄を途上国に寄付をする方法が注目されています。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

(4)ランドセルの修理ってどうするの?

ランドセルは頑丈に作られていますが、子供が毎日使用する物なのでベルトが切れたり金具が外れてしまうなどして故障することがあります。

故障した場合には基本的に製造元のメーカーに修理を依頼します。

国内の有名メーカーや高級ブランドであれば、送料も含めて無料で修理に応じてくれる保証が付いています。

修理保証が付いていない場合や海外メーカーのランドセルであれば、修理専門のお店に依頼します。

メーカーごとに故障時の対応が異なるので、故障した時のことも考えて選ぶことが大切です。

【必見】ランドセルのベストな購入時期とは?

2018.09.13

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事