コードバンのランドセルブランドおすすめ8選!雨などのデメリットも紹介!

お子さんが小学校に入学する時期になると、親御さんは準備のために忙しくなります。

新入学の準備に欠かせないものといえば、やはりランドセルでしょう。

ランドセルはお子さんが小学校に在学する6年間使い続けるものになりますので、できるだけ品質の高いものを買ってあげたいものですよね。

近年ではナイロンなどの化学繊維を用いた新しいタイプの製品が増えていますが、やはり従来からの革製の商品を選びたいという親御さんが多いようです。

今回は革製の中でも特におすすめの、コードバン素材のランドセルについて詳しく確認してみたいと思います。

お母さん
ランドセルは大事なアイテムだから品質の良いものを買ってあげたいわ!コードバンはどんな特徴があるのかしら?
コンシェルジュ
そうですね!コードバンは他の素材にない特徴を多く持っています!ただし、デメリットもありますので詳しく解説していきますね!

コードバンとは?

コードバンは馬のお尻の内側の部位から採取される希少価値の高い素材であり、馬革の一種になります。

最上級クラスの天然皮革であり、「革のダイヤモンド」「革の王様」「幻の革」などと呼ばれることもあるようです。

強度と美しさを兼ね備えた優れた素材なのですが、1頭の馬から採取できる量はランドセルのかぶせの部分2枚程度に限られるため、靴や財布などの小物に使われることが多くなっています。

貴重な素材を贅沢に使って作られたランドセルは、お子さんにとって大切な宝物になるでしょう。

コードバンのランドセルの特徴とは?

コードバンの画像

出典:萬勇鞄

コードバンは緻密な繊維構造を持った素材であり、優れた強度を兼ね備えることが特長です。

触り心地が良く、使い込むことで独特の光沢や風合いが生まれます。

きめが細かく張りのある素材で作られたランドセルは上品な雰囲気に仕上がりますし、さらに革そのものが硬く強度が高いため傷が付きにくいのです。

美しい光沢高い耐久性の両方を兼ね備えるコードバン素材で作られたランドセルは、お子さんに上質なものを持たせたいと考える親御さんにも、元気で活動的なお子さんにもおすすめとなります。

お母さん
上品な雰囲気のランドセルは子供も喜びそうだわ!
コンシェルジュ
上品な雰囲気に加えて優れた強度も持ち合わせているので安心ですね!

コードバンのランドセルのメリット

(1)耐久性があり、傷が付きにくい

コードバンの画像

出典:土屋鞄

まずは耐久性が高く、傷が付きにくいというメリットがあります。

馬革自体が強度の高い素材なのですが、コードバンにはさらに牛革の2倍~3倍の強度や耐久性を有するという特長があるのです。

ランドセルはお子さんが小学校の6年間使い続けるものであり、特に男の子の場合には遊び感覚で放り投げたり、乱雑に扱うことがあるかもしれません。

通常の革製品よりも過酷な環境で使われるランドセルは、経年により全体が型崩れしたり、革の表面がひび割れたりすることが多くなります。

耐久性が高く傷が付きにくい素材を選ぶようにすれば、ランドセルを安心して快適に使い続けることができるでしょう。

(2)触り心地が良く、光沢がある

土屋鞄のコードバンランドセルの画像

出典:土屋鞄

さらに素材の触り心地が良く、美しい光沢があるという特長があります。

一般的な皮革はコラーゲン繊維が絡み合いながら横方向に並んでいるのですが、コードバンはコラーゲン繊維が整然と縦に並んでいることが大きな違いとなっています。

表面断面がコラーゲン繊維層であるため、コードバン素材には触り心地が快適で光沢が美しいという特性があるのです。

しっとりとした感触や上品な光沢は、他の革素材とは一味異なるコードバン独自の優れたメリットになります。

(3)使い込むことで独特の風合いを生み出す

男の子がランドセルを背負っている画像

出典:土屋鞄

表面には細かい繊維の凸凹があり、使い込むことで独特の風合いが生まれ独自の色合いへと変化していきます。

新品の状態でも十分にきめが細かいのですが、使い込むことで繊維が寝て表面にスムースな深みのある光沢が生まれるのです。

新品の状態では革全体が固くコシが強く感じられるのですが、使い込こむことで革の繊維がほぐれて全体の質感が柔らかくなります。

使う人とともに皮革が成長することは、コードバンならではの贅沢な特長だといえるでしょう。

コードバンのランドセルのデメリット

(1)雨に濡れたときは水分を拭き取る必要がある

コードバン 水

出典:萬勇鞄

天然素材であるコードバンは、雨に濡れてしまったときには水分を拭き取ることが必要です。

雨に濡れてしまったまま放置すると表面に雨シミが残り、取れなくなってしまうことがあります。

突然の雨などで濡らしてしまった場合には乾いたタオルなどで水分を拭きとって、風通しのよい場所で陰干しをしてください。

ただし近年のコードバンのランドセルには撥水加工が施されていますので、濡れることについてあまり神経質に考える必要はありません。

多少の雨であればそれほど気にしなくても大丈夫でしょう。

お母さん
雨には弱い素材なのね。雨シミが残ったら大変。
コンシェルジュ
せっかくの質感が雨シミで台無しになってしまうので注意が必要です!最近では防水加工のランドセルも増えているので注目してみてください!

(2)人工皮革・クラリーノに比べて重い

女の子がランドセルを背負っている画像

出典:土屋鞄

コードバンは強度や耐久性に優れた素材ですが、人工皮革やクラリーノと比較すると若干重量が重くなるというデメリットがあります。

人工皮革やクラリーノで作られたランドセルの重量は1000g~1200g程度ですが、コードバンのランドセルの場合には重量は1300g~1500g程度になることが多いのです。

重量の違いは300g程度であり、元気なお子さんであれば特に問題ありませんが、小柄なお子さんや健康に不安のあるお子さんなどの場合には重量が負担になるかもしれません。

購入の際には店頭などで商品を手に取って、実際にお子さんに背負わせて確認をしてみてください。

コードバンのランドセルの口コミ

子供には、幼稚園のママ友の間で評判だった土屋鞄のランドセルを購入しました。中でも、馬のお尻の部分から取れるコードバンと呼ばれる皮を使ったタイプにしました。正直、お値段は高いと思います。しかし、高級感がある艶としなやかさで、ランドセルの中では最高のものだと思いました。色合いもとても素敵でした。緑、キャメル、ボルドーの3色の中から、子供は緑を選びましたが、6年間全く飽きがこなかった様子です。細かなパーツへの拘りや縫製のラインも素晴らしく「美しい」ランドセルであり、6年間ほとんど買った時のままの蓋のカーブなど、ペシャンコにならない「丈夫さ」を持った、その値段に十分に見合うランドセルだと思いました。

出典:みん評

長男が小学校入学する前の年、妻はインターネットなどで土屋鞄さんの事を知り、早く購入しなければ売り切れてしまうからと、夏頃には都内の土屋鞄さんの店舗で購入しました。実際に店舗に行く前には、素材・色見本を取り寄せて、質感・丈夫さなどから皮革はコードバンに決めました。お店で見たランドセルは、艶があって本当に綺麗でした。また、素晴らしい職人技で、縫い目もしっかりとしていて、品質に間違いはないと思いました。今年の春、長男が小学校を卒業しましたが、6年間結構乱暴な扱いもされたと思いますが、目立った傷や解れなど全くありません。土屋鞄さんでランドセルを選んで、間違いありませんでした。

出典:みん評

コードバンのランドセルは他のランドセルにはない高級感や艶感、しなやかさがあることから実際に購入した人からは上記のような口コミが多く寄せられています。

また、貴重なコードバンならではの耐久性があることから、活発な男の子が多少乱暴に扱ったとしても傷が入ってしまう可能性や壊れてしまう可能性が低いことも高評価の理由となっています。

コードバンのランドセルおすすめ8選

お母さん
コードバンのおすすめランドセルを紹介してくださるのね!楽しみだわ!
コンシェルジュ
どの商品も実績のあるメーカーが販売している一級品のランドセルなので安心して選んでみてください!

①セイバン


子供3人がランドセルを背負っている画像
価格帯 81,000円〜91,800円
重さ 約1490g〜1520g
ブランド特徴 背負いやすさ&多彩なバリエーション

天使のはねでおなじみのセイバンのおすすめのランドセルは、公式オンラインストア限定モデルの「HOMAREアンティークコードバン」です。ワンランク上の本革製ランドセルであり、かぶせ(ランドセルのふたの部分)には希少なコードバンを使用しています。セイバン独自の天使のはね機能によりランドセルを背中の高い位置で背負うことができるため、ランドセルの体感重量を軽減することができます。さらに3D肩ベルトなどの機能により、お子さんの背中に優しくフィットするのです。背負いやすさと高級感を両立した、使いやすい最上級のランドセルだといえるでしょう。本体重量は1520gで、カラーはブラック・レッド・キャメルの3色が用意されています。

シンプルながらも6年間使える上品なデザインに惹かれてひと目見て、これ!と決めました!娘には色を選ばせて、水色に決めました✨5月に注文して10月末に届くとのことで、楽しみに待っていました。無事届いて思っていた通り素敵なデザインで母は満足、娘はもう気分は小学生です

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

②萬勇鞄

萬勇鞄のランドセルの画像
価格帯 73,440円〜79,920円
重さ 約1500g
ブランド特徴 職人の手作りからできるクオリティ

手縫いの手作りランドセルにこだわる萬勇鞄では、ベーシック・リリークレスト・クローネティアラなどのモデルにコードバン仕様を設定しています。萬勇鞄では各モデルに様々な素材を設定しており、例えば基本モデルのベーシックの場合には3種類の素材が用意されています。いずれのランドセルも手縫いの手作りで基本的な構造は共通ですから、予算や目的などに合わせた最適な素材を選んでみてください。本体には撥水加工やキズに強い加工が施されており、天然皮革の製品にも十分な強度が確保されています。ベーシックのコードバン仕様は本体重量1500gで、カラーはブラックとブラック×ブルーステッチの2色となります。

今回は、素晴らしい買い物ができたと思っております。既製品でなく、オーダーメイドで購入したため、娘も大変満足しています。入学前ですが、毎日背負って家の前を自転車で走り回り、枕元に置いて寝るお気に入りぶりです。妥協一切なしの充実した買い物ができました。次回、下の子もお願いしたいと思います。ありがとうございました。

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

③ミキハウス


ミキハウス メイン
価格帯 216,000円
重さ 約1540g
ブランド特徴 目を引く美しい光沢

ファッションブランドとして有名なミキハウスでも、ランドセルの販売を行っています。おすすめは最高級モデルの「コードバン」です。希少性の高い素材から作られたこだわりの一品であり、美しい光沢と滑らかな手触りが特長となっています。革の裁断面を断ち切りとする切り目仕様や、裁断面をきれいに磨き上げてからニスを塗り重ねて仕上げるコバ塗り仕様を採用し、熟練した職人の手作業により高級感あふれるランドセルを実現しました。傷みやすいかぶせの裏側には上品なあめ色のクラリーノ素材を使用し、耐久性も抜群です。ミキハウスのエンブレムが刻印された重厚感あふれる鋲(びょう)を、かぶせのアクセントとしてあしらっています。本体重量は約1540gで、カラーはブラックとシックなワインレッドの2色となります。

おばあちゃんからのお祝いでもらいました。 風合いや高級感はありますが若干重たいですね。でもさすが丈夫なだけあって5年たった今でも型崩れなく使えています。新品同様とまでは言い過ぎかもしれませんが、かなり綺麗な状態だと思います。あとから値段を聞いてちょっとびっくりしたのですが…ちょっと自分では買えないですね…。

出典:みん評

公式サイトはこちら

④池田屋


池田屋 メイン
価格帯 91,800円
重さ 約1400g
ブランド特徴 上品&防水

池田屋は子ども思いのランドセルを提供するメーカーです。実際に使う子どもたちのことを思いながら素材から部品などにこだわり、ランドセルをひとつひとつ丁寧に組み立てています。池田屋の「防水コードバン」は、使いやすさにもこだわったランドセルです。表面には上品な艶消し加工が施されており、水に強い防水仕様を採用することでお手入れの手間を軽減しました。希少な皮革を使用したランドセルを、雨の日でも安心して利用することができるのです。かぶせ以外の部分には、イタリア製の防水牛革プレミアムレザーが使用されています。背負いやすさ収納力にも配慮がされており、本体重量は1400gになります。カラーは定番のブラックとレッドの2色です。

なんといっても池田屋です!老舗鞄屋で、長年の実績があり、絶大な信頼があります。池田屋本店がある静岡県では、ほとんどの小、中学生は、池田屋のランドセルや鞄を使っていると思います。私も、ランドセルと中学生時代の鞄は池田屋さんの鞄を使ってました。娘のランドセルは、今話題の土屋鞄と悩みましたが、値段も納得、機能や使いかってが最高に良い、池田屋さん決め購入しました。一番気に入っているところは、時間割のクリアホルダーが、後付けできるところです。他メーカーのランドセルは、ランドセル内側に縫い付けてありますが、高学年になると汚くなり破れたりします。後付けの物は、汚れたら外せて、ちょっとしたプリントも入れやすいので、ともて重宝してます!

出典:みん評

公式サイトはこちら

⑤生田


生田 メイン
価格帯
重さ 約1440g〜1460g
ブランド特徴 オリジナルランドセル

生田はもの作りにこだわった工房です。質感豊かな本革を使用したランドセルを製作し、使い込むほどに魅力が増すお子さんとともに成長するランドセルを提供します。「コードバンプレミアム匠」ではセレクトオーダーに対応し、基本となるカラーは全8色が用意されています。さらに内装や糸色やフチ色などの11項目の組み合わせにより、お子さんだけの世界に一つだけのオリジナルのランドセルを作ることができるのです。本体重量は1440gで、かぶせには北フランスまたはポーランド産の厳選されたコードバン素材が使われており、さらにその他の部分には北米またはニュージーランド産のソフト牛革が使われています。インターネット公式ホームページ上では様々な組み合わせを試すことができるオーダーメイドシミュレーターを利用することができます。

お友達からも素敵だねとよく褒めていただきます。何より本人が気に入って毎日嬉しそうに背負って学校に行きます。飽きのこない上品なデザインで、高学年になっても良く似合ってくれることでしょう。

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

⑥土屋鞄


土屋鞄のランドセルの画像
価格帯 94,000円〜120,000円
重さ 約1500g
ブランド特徴 シンプルで上品なデザイン

土屋鞄は若者に人気の皮革製品工房であり、職人の手作りによる各種商品を提供しています。土屋鞄はもともとランドセルのメーカーとしてスタートしたこともあり、現在でも各種ランドセルの制作・販売を手掛けているのです。「コードバンベーシック」は素材にこだわったランドセルであり、なめらかでしっとりとした質感が特長です。職人の手縫いによる美しく均等で強度のある縫製により、6年間の使用に耐える十分な強度を確保しました。柔らかい背あてクッションや、左右に動く背負いやすい背カン金具の採用により、快適なフィット感を実現しています。本体重量は1420gで、カラーはブラックとレッドの2色です。

子供には、幼稚園のママ友の間で評判だった土屋鞄のランドセルを購入しました。中でも、馬のお尻の部分から取れるコードバンと呼ばれる皮を使ったタイプにしました。正直、お値段は高いと思います。しかし、高級感がある艶としなやかさで、ランドセルの中では最高のものだと思いました。色合いもとても素敵でした。緑、キャメル、ボルドーの3色の中から、子供は緑を選びましたが、6年間全く飽きがこなかった様子です。細かなパーツへの拘りや縫製のラインも素晴らしく「美しい」ランドセルであり、6年間ほとんど買った時のままの蓋のカーブなど、ペシャンコにならない「丈夫さ」を持った、その値段に十分に見合うランドセルだと思いました。

出典:みん評

公式サイトはこちら

⑦鞄工房山本


山本鞄 メイン
価格帯 94,000円〜179,000円
重さ 約1450g〜1500g
ブランド特徴 おしゃれで耐久性に優れているランドセル

鞄工房山本は職人が全ての工程を手仕事でひとつずつ行う、もの作りにこだわったランドセル工房です。様々なモデルを用意していますが、中でも「コードバンアンティーク」はおすすめのモデルだといえるでしょう。かぶせの部分には世界屈指の馬革タンナーである新喜皮革社製の表情豊かな素材を厳選使用し、革目を引き立てるアクセントステッチを施しました。高級な素材をあえてシンプルな雰囲気にアレンジすることで、気兼ねなくオシャレに利用できるランドセルに仕上げられているのです。手前に8cm開くことで使いやすいポーチポッケや、一定以上の強い負荷がかかると外れる安全ナスカンなど、使いやすさにも十分に配慮されています。本体重量は1450gで、カラーは定番の黒や上品なキャメルなど、全5色の中からの選択が可能です。

入学したての頃は、まさにランドセルが歩いているかのようでしたが、いつの間にかとっても似合うようになっていました。 息子もお気に入りのランドセル! 鞄工房山本さんに出会えて良かったです。これからも、大切に使わせてもらいます。 ステキなランドセルをありがとうございました!

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

⑧中村鞄


TOP画像
価格帯 88,000円
重さ 約1350g
ブランド特徴 職人こだわりのランドセル

中村鞄製作所は若手から熟練の職人が製作を手掛ける、手作りのランドセル工房です。「馬革コードバンベーシック」は馬革素材のベーシックなランドセルであり、お値段を抑えながら高品質を実現したモデルとなっています。素材には艶消し仕上げが施され、格調高い美しさを演出します。使いやすさにもこだわり、簡単にひもの掛け外しができる丈夫なナスカンや、お子さんの力でも回しやすいマグネット方式の手動ロックなどを採用しました。肩まで広がるU字型のシャトルクッションが快適な背負い心地を実現し、大きなイチョウ型の芯材を組み込んだマチやしっかりとした縫製が型崩れを防ぎます。A4ファイルがそのまま入るゆったりとした収納力も、大きな魅力だといえるでしょう。本体重量は1420gで、カラーはブラックとレッドの2色が用意されています。

待ちに待ったピンクのランドセル。幼稚園から帰ると毎日毎日背負ってます(笑)春が待ち遠しい毎日です。

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

【まとめ】コードバンのランドセルで思い出の一品に

一昔前のランドセルといえば、男の子は黒色、女の子は赤色が常識でした。

しかし近年では様々な色や素材のランドセルが販売されていますので、購入の際にどれを選べばよいのか分からずに困ってしまう親御さんが多いようです。

ランドセルは一度購入すると6年間使い続けるものになりますので、丈夫で長持ちすることや使いやすいことにこだわって、じっくりと商品を選んでみてください。

今回ご紹介したコードバン素材のランドセルは、お子さんに良いものを持たせたい親御さんにおすすめしたいと思います。

耐久性が高くさらに使いやすさにもこだわった製品ばかりとなっていますので、どれを選んでも満足できるはずです。

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事