【雨や雪に強い】フジタのランドセルの気になる評判とは?口コミや特徴もご紹介!

フジタ TOP画像

ランドセルといえば革製品、革は雨や雪に弱いのでは?と不安に感じる人もいるでしょうが、実はこうした雨や雪などのダメージにも耐えられるランドセルが売り出されています。

雪国で生まれたフジタの手作りランドセル、その魅力は何といっても水に強いことです。

カバーをしなくてもそのダメージにたえられるというのであれば耐久性の面でも安心して使用を続けることが出来ます。

では、具体的にフジタのランドセルには他にどんな魅力があるのでしょうか?

まずはそこからチェックしていきましょう。

お母さん
雪国のフジタのランドセル、どんな特徴があるのかしら?
コンシェルジュ
フジタのランドセルは雪国ならではのノウハウを生かしたランドセルは他にはない機能も満載です!特徴やメリットなどを解説していきますね!

フジタとは?

そもそも、フジタは山形県でランドセル作りを手掛けているメーカーです。

創業は1956年、60年以上の歴史を持つ信頼のできるメーカーということで、山形県内だけでなく全国各地にファンを拡大しています。

小学生は毎日の通学にたくさんの荷物を運びます。

その荷物を運ぶためのランドセルですが、雪国ではとりわけその機能性が重視されます。

転んだ時のために両手は常にあけておくこと、そのためにランドセルの収納性は高いに越したことはりません。

また、悪天候の中での登下校が多いため必然的に雨風、雪に強い素材がランドセルに用いられることになります。

雪国ならではのノウハウがランドセル作りでも生かされている、それがフジタの魅力となっているわけです。

フジタのランドセルの特徴とは?

フジタ 男の子がランドセルを背負っている画像

出典:fujita

では、具体的にこのランドセルの特徴にはどういったものが挙げられるのでしょうか?

まず挙げられるのが雪国で培ったノウハウや技術を生かした商品機能についてです。

子供たちはただでさえ思い荷物を毎日運ぶわけですから、ランドセル自体の重さが重すぎては意味がありません。

フジタの場合にはあえて人工革を用いることで商品の軽量化を図り、子供たちの負担を軽減していくことができます。

そして、消費者の声を取り入れながら進化したキューブ型のランドセルは安定の収納性機能性を誇っています。

このメーカーの魅力は何といってもその使いやすさ、毎日通学で子供が使うものだからこそ、安全で利便性に優れたものを取り入れていくべきというわけです。

お母さん
雪国の子供のために軽量なモデルにしたのね!ランドセルの軽さは選ぶ際の一つのポイントになるわよね!
コンシェルジュ
そうですね!特に小柄な女の子はランドセル自体が思いと辛い登下校になってしまいますので軽いランドセルを選ぶことは重要です。

フジタのランドセルの価格

フジタのランドセルにはどのくらいの費用が必要になってくるのでしょうか?

量産タイプのランドセルであれば、相場として7万円前後の金額が必要になってきます。

これに対して、フジタのランドセルは最安のタイプで6万円台、高額なタイプであれば9万円台で購入することが出来ます。

相場価格とそう大差ないようにも思われるでしょうが、量産タイプのランドセルに比べてフジタのランドセルは機能性デザイン性ともに優れています。

こうした点を踏まえると、相場価格で買えるという時点で十分コストパフォーマンスに優れていると判断できます。

フジタのランドセルのメリット

(1)軽く感じる背負いやすさ

フジタ 体にフィットする肩ベルトの説明画像 

出典:fujita

このメーカーのランドセルのメリットとして、その背負いやすさがまず挙げられます。

地域に根付いたフジタだからこそ、60年にわたる歴史の中で消費者の意見を逐一取り入れて日々ランドセルの性能は進化しています。

ランドセルは革製品ということもあり重さを感じやすい作りになっているのがデメリットです。

それに対してフジタのランドセルは、背中に当たる部位にクッションを設けたり、肩ベルトにカーブをつけてより体にフィットさせたりと重みを感じさせない工夫が随所にちりばめられています。

これにプラスして、本革よりも軽い人工革を用いれば子供たちの日々の負担も最小限に抑えることが出来るというわけです。

特に新入学生であれば体もまだ小さく、重みのあるランドセルは通学に不向きとなっていきます。

子供のことを考えるからこそ、フジタのランドセルがおすすめです。

(2)型崩れしない耐久性

フジタ 開口部のフチの画像

出典:fujita

フジタのランドセルのメリットには型崩れしない耐久性もあげられます。

ランドセルは子供たちの乱暴な扱いによって日々ダメージを追っていきます。

たとえ大切に使っていたとしても、小学校6年間使い続けていればへたりが出てくることもあるでしょう。

そんな中、フジタの商品であればその問題が解消できます。

フジタの場合、収納の開口部分に鉄の芯が備え付けられているので、時間が経っても商品自体がへたることはありません。

見た目にきれいな状態をキープすることが出来るので、子供にとってもうれしいメリットとなるわけです。

(3)雨・雪防水加工

フジタ 防水加工の画像

出典:fujita

またフジタの商品には雨や雪によるダメージを受けにくい加工がなされています。

これは山形県という雪や雨が多い地域で生まれたフジタだからこそできることですが、防水加工がしっかりされている商品であればたとえ悪天候が続く中での通学でも安心感が高まります。

また、日が落ちるのが早い東北ならではの機能として、商品には反射板が備え付けられています。

登下校時の事故の不安を解消するという意味でも、おすすめの商品というわけです。

商品によってはランドセルの他にそのカバーを購入しなければいけないケースもありますが、少なくともフジタの場合にはそれが不要ということです。

いらぬところにお金をかけなくても良いというわけですから、親にとってもうれしいメリットです。

お母さん
防水機能はすごく嬉しいポイントね!せっかくの革の素材でも雨に当たるとシミになってしまうものね!
コンシェルジュ
その通りです!革のランドセルは雨に弱いというデメリットがありますね!その点フジタのランドセルは防水機能にこだわっているので安心できますね!

(4)コンパクトなのに大容量

フジタ 大容量の画像

出典:fujita

フジタの商品は見た目コンパクトな印象を受けますが、その容量は非常に大きいのが特徴です。

小学生が授業で使うプリント、ファイルがすっぽり入るように設計されているため、収納時のストレスがありません。

量産タイプの商品であれば、A4ファイルがそのまま入らず、折り曲げて入れて対応するケースも出てきます。

小学生が長く使い続けるものだからこそ、こうした機能性の面も重要視していきたいものです。

特に、小学校低学年のころであれば、ファイルだけでなく教科書も大きなサイズのものが多いので、フジタの商品がより適しているといえるでしょう。

(5)安心の6年間保証

フジタ 6年間保証の画像

出典:fujita

フジタのランドセルを購入する上でうれしいメリットとなるのが、6年間の保証がついているという点です。

子供が使うものですから、万が一にでも壊れてしまっては大変です。

それこそ毎日の通学に使うものなので、修理が必要になった時に迅速に対応してもらえるサポートが必要になってきます。

フジタの場合にはその購入後のサポートが徹底されているため、安心して利用することが出来ます。

商品の良さだけでなくサービスの良さにひかれて購入を決める人も中にはいるほどです。

フジタのランドセルの口コミ

防水加工がしっかりしていたのでこちらにしました。 上の子のランドセルは雨の日用にランドセル専用のカッパがついていますが全然使用しなくて…使ったとしても乾かしたりお手入れが面倒でした。なので結局むきだしのまま使っています。下の子のはもともと防水加工がしっかりしているスペシャリティランドセルにしました。タオルでさっと拭くだけでらくちんです。容量は大きいのに、コンパクトなのも気に入っています。

出典:みん評

X型の肩ベルトで肩と胸にしっかりフィットするので、背中全体でランドセルが支えられる設計に魅力を感じて買いました。娘にも実際背負わしたら「重くないしラク」と言ってます。背中が蒸れそうですが、背中のクッション部分がU字型になっていて、通気性が良い作りになっているため背中が熱くならず快適そうです。

出典:みん評

デザインと背負いやすさで選んだのですがそのほかにラウンド型ポケットが使いやすそうだったので選びました。ファスナーが横の方まで回り込んでしっかりと開くのでモノの出し入れしやすいですね。うちの子は左利きですが、ファスナーが二つ付いたダブルスライダーなんで使いやすそうです。

出典:みん評

フジタのランドセルは防水機能やコンパクトなデザインなのに大容量な点などが評価されており、口コミでは上記のような良い口コミが多く寄せられています。

また、フジタのランドセルは6年間型崩れすることなく使用できるように耐久性にもこだわって作られており、男の子が多少乱暴に扱ったとしても壊れる心配や傷の心配がないことも高評価の理由となっているようです。

フジタのランドセルがおすすめのお子さん

フジタ 子供がランドセルを背負っている画像

出典:fujita

  • 機能性に優れたランドセルがいいお子さん

先に挙げたようにフジタの商品は軽さ容量の大きさ使いやすさに重点を置いたものが多くあります。

通学時の負担を少しでも減らしていきたいという人にこそ、この商品はおすすめになってくるわけです。

 

  • 色やデザインで個性を出していきたいお子さん

フジタのランドセルはデザインこそシンプルなものが多いですが、その分カラーバリエーションや細かな細工の選択肢が豊富です。

色や見た目のデザインで個性を出していきたい、周りとは違うものをもって新生活を始めたいという人にはうってつけです。

フジタの女の子におすすめのランドセル5選

①サンシャインプリティ


フジタのランドセル
価格帯 62,963円
重さ 約1350g
ブランド特徴 6年間飽きることなく使えるモデル

フジタカバンで女の子に人気を集めるランドセルの1つに、サンシャインプリティがあげられます。赤やピンクなど数種類のカラーを用意していて、牛革から作られています。牛革の特徴は、使うほど味が出てくるという点です。そのため6年間使うことで、独特の味わいのある見た目になります。また最近のランドセルのなかには、凝ったデザインのものも多く存在しています。ですがサンシャインプリティはシンプルな見た目にこだわることで、6年間使っても飽きがこないデザインという特徴があげられます。見た目だけではなく背あてにはふっくらとした天然の牛革を採用することによって、荷物が多いときでも背中が痛くなりにくいような工夫もしています。

キューブ型の大容量なところが気に入りました。背あて牛革が、汗をかく子供にはムレずに快適だと感じました。

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

②ラブハート


フジタのランドセル
価格帯 54,630円
重さ 約1150g
ブランド特徴 とにかく可愛いハートのデザイン

女の子の中には、とにかくハートが大好きだという子も多くいるでしょう。そのようなハート好きの女の子に適しているフジタカバンの商品が、ラブハートです。ラブハートは、ランドセルのサイドや中面のポケットなどの位置にハートがデザインされています。またハートのデザインが豊富というだけではなく、女の子が好きなカラーを取りそろえているというのもポイントの1つです。ランドセルは全部で5色用意されているため、女の子の好みに合わせてカラーが選べます。カラーバリエーションも、女の子の好みに合わせてパール系の色をそろえているという特徴があげられます。使われている素材はクラリーノレミニカで、背あての部分には牛革を使っています。

実際に背負ってみて背負い心地が良かったです。 娘自身、違和感や過度にあたる部分などがなく、他のランドセルの比べ一番軽く感じたそうです。

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

③ヘリコンビアップリカ


フジタのランドセル
価格帯 62,963円
重さ 約1350g
ブランド特徴 体への負荷が少ないランドセル

ピンクが大好きというお子さんの場合には、フジタカバンのヘリコンビアップリカに注目してみましょう。ランドセルの全体にピンクを使用することで、使う子供は好きな色に囲まれた形で通学することが可能です。カラーバリエーションは5種類ありますが、メインの色が異なっていても内面やふちなどの部分でピンクが使われています。また牛革からできている商品で、ピンクの背あては優しく背中を包み込むような設計になっているのもポイントの1つです。せっかちな子供なので、ランドセルの締め忘れがないか心配という方もいるかもしれません。そのような方でも、自動ロックになっているため、締め忘れの心配がなく使わせることができるという特徴もあります。

公式サイトはこちら

④ドリームラブ


フジタのランドセル
価格帯 48,149円
重さ 約1150g
ブランド特徴 背負いやすい、軽量なランドセル

フジタカバンのドリームラブが注目される理由の1つが、軽さにあります。一般的なフジタカバンのランドセルの重さは、1350g前後です。一方でドリームラブの場合には、一般的な重さよりも200gも軽い1150g前後です。軽さにこだわっているからこそ、小学校1年生の子供でも大きな負担を感じることなく通学することにつながります。クラリーノという比較的軽い素材を使っていることで、ドリームラブならではの軽さを実現しています。カラーバリエーションは5色で、曲線のステッチが本体に入っているのもポイントの1つです。型崩れを防止するために、フジタカバンならではの補強材を使っています。補強材のおかげで型崩れがしにくいだけではなく、大きなマチのランドセルです。

公式サイトはこちら

⑤ヘリコンビクイーンズデコ


フジタのランドセル
価格帯 54,630円
重さ 約1150g
ブランド特徴 背負い心地にこだわったモデル

ヘリコンビクイーンズデコのポイントは、女の子が好きなパールカラーを取り入れているという点です。本体の見た目にこだわっただけではなく、背あてには優しいカラーを採用してさらに背負い心地にもこだわっています。デザインの特徴は、ローズの刺繍が施されているという点です。ランドセルのデザインによっては、6年間使うと飽きが来る可能性もあります。ですがローズの刺繍であれば、飽きがきにくいというのもポイントの1つです。素材にはクラリーノが使われているため、軽くて背負ったときの負担も少なくなっています。さらに金具の部分には、ダイヤモチーフのものが採用されています。ダイヤをイメージしたキラキラした金具を使うことで、特別感のあるランドセルになります。

背あて本革なところ、触れたときの本革の柔らかさ、感触が良かったです。フチのところがすっきりしていて見た目もコンパクトでした。行くまで候補ではありませんでしたが、お話を聞いて、安心安全を第一に考えた機能に魅力を感じました。アカとピンクで検討していましたがこちらに娘が一目惚れしました。

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

フジタの男の子におすすめのランドセル5選

①サンダーウィング


フジタのランドセル
価格帯 54,630円
重さ 約1150g
ブランド特徴 七色に光る翼のモチーフ

フジタカバンの男の子向けに作られているランドセルの1つが、サンダーウィングです。名前にウィングと入っているのは、大マチの部分に翼のモチーフが入っているからです。翼のモチーフは、デザイン性を重視しているだけではありません。オーロラ反射加工によって、七色に光るのもポイントの1つです。多方向からのライトでモチーフが光ることで、子供の帰りが遅くなったときでも安全を守る役割を果たします。素材はクラリーノで、3色のカラーバリエーションが用意されています。本体のデザインだけではなく、エンブレム金具を採用しているのもこだわりの1つです。また高学年になって肩幅が広くなったときでも、快適に背負える工夫もあります。

公式サイトはこちら

②ヘリコンビギャラクシー


フジタのランドセル
価格帯 52,778円
重さ 約1150g
ブランド特徴 内装にもこだわったデザイン

宇宙飛行士になりたいと夢見る男の子や、周りから注目を浴びたいと考えているお子さんも多くいるでしょう。そのようなお子さんの場合には、ヘリコンビギャラクシーに注目するのも1つの手です。男の子向けのランドセルと聞くと黒やブラウンをイメージする方が多くいますが、ヘリコンビギャラクシーはシルバーです。シルバー系の3色を用意しているため、個性派のランドセルを使いたいという方にも向いています。クラリーノが主に使われている素材ですが、背あての部分には牛革が採用されています。外側のデザインにこだわるだけではなく、内装にも飽きがこないように黒チェックでシックな雰囲気にしているのも特徴の1つです。マチ付きのポケットには、鍵フックも内蔵されています。

公式サイトはこちら

③ヘリコンビブラックキャプス


フジタのランドセル
価格帯 62,963円
重さ 約1350g
ブランド特徴 男の子らしいこだわりのランドセル

男の子のランドセルなら、黒が一番だと考えている方もいるかもしれません。そのような場合には、ヘリコンビブラックキャプスがどのような特徴を持っているのか調べてみましょう。最大の特徴は、黒をテーマにしてデザイン性にこだわっているという点です。黒がテーマでカラーバリエーションは6つ揃えていて、クールなカッコよさを追及しているのもポイントの1つです。さらに素材には牛革を採用しているため、見た目のカッコよさを強調できるように工夫しています。本体が黒でも、背あては白というようなランドセルも多くあります。ですがヘリコンビブラックキャプスは背あても黒にすることで、本体との色の一体感にもこだわっているデザインになっています。

公式サイトはこちら

④ドリームクルー


フジタのランドセル
価格帯 45,371円
重さ 約1150g
ブランド特徴 こだわりの手縫いランドセル

小柄な子供だと、ランドセルを背負ったときに負担になるのではないかと心配する親御さんも多くいます。ドリームクルーは素材にクラリーノを採用することで、軽さにもこだわったランドセルになっています。男の子の場合、ランドセルを背負ったまま元気に走り回るということもあるでしょう。軽いものであれば、元気に走り回る男の子の妨げになるリスクが低くなります。シンプルなデザインで黒を中心に3つのカラーを用意していて、ワンポイントとしてさりげないステッチカラーを取り入れています。またわんぱくな男の子だと、元気に動いてランドセルが壊れるのを心配する方もいるでしょう。そのような不安に対応するために、フジタカバンでは負担がかかりやすい部分は鋲で留めたあとに手縫いで補強をしています。

公式サイトはこちら

⑤ヘリコンビアンシェル


フジタのランドセル
価格帯 62,963円
重さ 約1350g
ブランド特徴 個性的でシンプルなランドセル

見た目はシンプルなランドセルがいいものの、実は個性派のものがいいという方もいるでしょう。そのような場合には、ヘリコンビアンシェルを購入するのも1つの手です。本体はよくある黒のランドセルですが、背あてがグリーンやブルーなどカラフルな色を採用しています。背あての部分だけ色が違うので、ほかのランドセルとは異なるこだわりを追求することが可能です。背あては3色用意されているため、男の子が好きな色を選択できます。また高学年になってもフジタカバンのランドセルが使えるように、従来のものよりも肩ベルトが6㎝長くなっています。8段階調整が可能なので、使っている子供の背が一気に伸びたとしても肩ベルトを調節して使うことができます。

公式サイトはこちら

【まとめ】フジタのランドセルで安心の学校生活に

ランドセルは小学生の生活の中で欠かせないアイテムの一つですが、最も重要視していきたいのがその機能性です。

毎日の通学に耐えられるだけの耐久性があることはもちろんですが、教科書やファイルなどの荷物がたっぷりと入る収納性を兼ね備えていること、これらの点は押さえておくに越したことはいありません。

フジタのランドセルであれば、これらのポイントをすべてクリアすることが出来ますし、何より価格帯を抑えながら個性のある商品をピックアップしていくことが可能です。

まずはフジタの商品に好みのカラー、デザインのものがあるのかチェックしていくことから始めていきましょう。