【必見】高級ランドセルブランドおすすめ8選!低価格帯との違いもご紹介!!

土屋鞄

ランドセルを購入する際に、多くの人がもっとも悩むポイントのひとつが価格です。

1万円以下から20万円を超えるものまで、価格には大きな差があります。

よくわからない段階ではどれも同じように見えたりしますが、安いランドセルには安いなりの理由があるものです。

高価格で品質の良いランドセルは、デザイン性だけでなく、フィットして身体に負担がかかりにくく使い勝手も良いなど、機能性にも優れています。

ランドセルは基本的に6年間毎日使うものですから、できるだけ良いものを買ってあげたいですよね。

そこでここでは、高級ランドセルの特徴やメリット、メーカーによるおすすめポイントなどを紹介していきます。

お母さん
ランドセルは大事なアイテムだから、品質が良いものを買ってあげたいわ!高級なランドセルはどんな特徴があるのかしら?
コンシェルジュ
高級なランドセルは細部まで工夫をされているケースが多いのです!詳しく解説していきますね!

高級なランドセルの価格帯は?

ここ最近、高価格帯のランドセルの人気が上昇しています。

快適に使い続けるために、機能性に優れたランドセルを求める保護者の方が増えていることがその背景にあると考えられます。

それでは、高級なランドセルとはいくらの価格帯を指すのでしょうか。

これは一般には6万円~10万円の価格帯のものを指します。

ちなみに標準的な価格帯は4万円~6万円です。

なお、数は多くありませんが、10万円以上の超高級ランドセルも販売されています。

低価格と高価格のランドセルの違いとは?

ランドセル 素材画像

出典:萬勇鞄

それでは、低価格のものと高価格なものとでは具体的にどういったところが違うのかを説明します。

もっとも違いがでるのは素材です。

合成皮革、牛革、コードバンといった素材の違いが、価格の違いを生んでいます。

合成皮革は水濡れに強くお手入れも簡単ですが、高級感はありません。

牛革は水濡れに弱く、定期的なお手入れが必要ですが、使うほど味わいが出てきます。

コードバンも水濡れに弱くお手入れも必要ですが、使うほど光沢が増し、特別感や高級感があるのが特徴です。

また、機能面による違いも価格に反映されます。

高級なものは、リフレクターがついていたり一定の加重で自然とナスカンが外れたりといった安全面での工夫がされている、ベルトの付け根が持ち上がってフィット性が向上しているなど背負いやすい構造をしている、幅広で奥行きがあるといった高い機能性があります。

さらに、低価格帯のランドセルはシンプルなデザインのものが多いですが、高価格帯となると刺繍やデザイン鋲などが施されたりと凝ったデザインとなっていたり、シックで洗練された飽きの来ないデザインとなっていることが多いです。

お母さん
素材、機能面、デザイン性に大きな違いが出るのね!
コンシェルジュ
その通りですね!高級なランドセルは6年間を想定したこだわりのものが多くなっています!

高級なランドセルのメリット

(1)耐久性がある

ランドセル画像

出典:萬勇鞄

高価格帯のランドセルは、特に耐久性に優れています。

もちろん標準価格帯のランドセルでも基本的には丈夫に作られていますが、子どもは乱暴に扱うことがあるものです。

6年使ううちに、低価格帯のものでは毎日の負担に耐え切れずにベルト部分が劣化したり切れたり、金具がとれたりといった不具合が起きることがあります。

高価格帯のものは一般に非常に耐久性に優れ、傷にも強いため、あまり壊れることがありません。

(2)見た目がオシャレ

ランドセルの画像

出典:ACTUS

低価格帯では既製品から選ぶことになりますので、複数のカラーバリエーションやデザインはそろっていますが、オシャレにこだわることはあまりできません。

高価格帯では、細部まで凝ったデザインのものが多いです。

また余計なものがほとんどないシンプル上質な美しさが備わったものも。

フルオーダーやセミオーダーで、カラ―や刺繍デザイン・内装・鋲などを複数の選択肢から選ぶことができ、自分だけのこだわったデザインのランドセルを作ることも可能です。

素材に牛革やコードバンを使うと、合成皮革にはない光沢やツヤがあり、それだけでもオシャレ感が増します。

見た目にこだわることができるのが高級ランドセルでは外せないメリットでしょう。

(3)背負いやすい

背負いやすさを説明する画像 セイバン

出典:セイバン

ランドセルを選ぶ際は、背負いやすさも重要な確認ポイントです。

セイバンの「天使のはね」やふわりぃの「ふわりんこショルダー」など、ベルトのつけねをもちあげることでよりランドセルの背面が背中にフィットする機能があったり、フィットちゃんのように背カンが可動する機能がついていたりするなど、高価格のランドセルほど、背負いやすくなる工夫が施されています。

お母さん
高級なランドセうは背負いやすさにも工夫をしてくれているのね!
コンシェルジュ
背負いやすさはかなり大事なポイントです!体にフィットするランドセルは体感重量や体への負荷が少ないのです!

(4)記念になる

価格の安いランドセルは、多くの場合、6年間使ううちにへたってきてしまいます。

しかし、牛革やコードバンなどを使用した高価格ランドセルは、使うほどに色に深みを増していくのが特長です。

高い耐久性も備わっていますので、6年経ってもきれいな状態にあることが多いです。

コードバンは一生ものの素材ですので、むしろ6年で使わなくなるのがもったいなくなるほどきれいな状態のままということもあるでしょう。

小学校時代の記念として家に飾ったり、おばあちゃん・おじいちゃんに思い出としてプレゼントしたりといったこともできます。

高級なランドセルを選ぶポイント

(1)6年保証がついていること

生田 6年間保証の画像

出典:生田

ランドセルは、通常は一度買うと6年間使用するものです。

子どもが長く使っているうちに、途中で壊れてしまうこともあるでしょう。

そのときにきちんと修理できるように、6年保証がついているものを選ぶことが大切です。

高級ランドセルであれば保証付きなのが一般的ですが、購入の際は念のため確認しておくと良いでしょう。

6年保証付きであれば、通常の使用で自然と壊れたという場合は無償で修理対応をしてもらえることが多いです。

修理に数日かかる場合は、その期間中は代わりのランドセルを貸し出してもらえることも。

(2)A4のファイルが入ること

セイバン A4フラットファイル対応の説明画像

出典:セイバン

容量がどのくらいあるかも、選ぶ際の大切なポイントとなります。

今はほとんどのメーカーでA4クリアファイルが入るサイズになっていますが、できればもうひとまわり大きいA4フラットファイルが入るサイズがおすすめです。

高級ランドセルであれば、奥行きや幅も余裕があるつくりであることが多く、容量は大きめの傾向があります。

ただしA4フラットファイルに対応していない工房もありますので、確認をしたほうがいいでしょう。

メインポケットだけでなく、その前についているサブポケットも大きめのつくりだったりと、比較的収納しやすいものが多いです。

高級なランドセルの口コミ

子供には、幼稚園のママ友の間で評判だった土屋鞄のランドセルを購入しました。中でも、馬のお尻の部分から取れるコードバンと呼ばれる皮を使ったタイプにしました。正直、お値段は高いと思います。しかし、高級感がある艶としなやかさで、ランドセルの中では最高のものだと思いました。色合いもとても素敵でした。緑、キャメル、ボルドーの3色の中から、子供は緑を選びましたが、6年間全く飽きがこなかった様子です。細かなパーツへの拘りや縫製のラインも素晴らしく「美しい」ランドセルであり、6年間ほとんど買った時のままの蓋のカーブなど、ペシャンコにならない「丈夫さ」を持った、その値段に十分に見合うランドセルだと思いました。

出典:みん評

土屋鞄は作りがしっかりしていて、おしゃれなバッグが人気ですが、ランドセルもここにしかない色使いがおしゃれで、子ども2人とも土屋鞄のランドセルです。上の子はもう中学生ですが、6年間使っても型崩れすることもなく、傷なども目立たないので、正直自分が小学生の頃に使っていたランドセルとは比べ物にならないくらいきれいな状態です。今はもう定番になっていますが、チョコレート色にピンクのランドセルも土屋鞄が最初に出したと思います。上の子の時に他のメーカーではなく、土屋鞄で見て即決しました。刺繍やラインストーンなどの装飾は一切ありませんが、あれは高学年になると、子どもっぽくて恥ずかしいなと思う子が多いようです。

出典:みん評

息子のためにランドセルを購入したのですが、6月に新しいものが販売開始され、本店に見に行ったらお店に入るだけで大行列!2時間待ちと言われ流石に待てずに後日違う店舗で購入しました。何店かランドセルを見て回ったのですが、土屋鞄が一番シンプルで無駄なデザインが付いていない長年愛用できる作りだと思い決めました。ステッチや裏張りを選べない、というのも私にとっては逆に良いポイントでした。また、息子の体にも背負った感じがぴったり合っており、カラーも息子のお気に入りを見つけることができました。早割等がないので、他のメーカーより割高だとは思いますが、6年間きっちり使うことを考えれば良質な革で飽きのこないデザインはとても大切なポイントだと思います。

出典:みん評

高級なランドセルは6年間使えるシンプルで上品な見た目から、口コミでは上記のような良い声が多く寄せれています。

また、高級なランドセルは耐久性や耐傷性に優れているため、「6年間使用してもまだまだ使える状態でした」などの口コミも寄せられています。

高級でおすすめのランドセルメーカー8選

お母さん
高級でおすすめのランドセルメーカーを紹介してくれるのね!楽しみだわ!
コンシェルジュ
有名なところから、老舗ブランドまで信頼のできるメーカーのみ厳選しました!安心して見てくださいね!

①セイバン


子供3人がランドセルを背負っている画像
価格帯 57,240円〜91,800円
重さ 約1130g〜1520g
ブランド特徴 天使のはねで体感重量が軽い

セイバンの「天使のはね」は定番の人気を誇るブランドです。最大の特徴は肩ベルトの構造。これはベルト上部に樹脂をいれてつけねを立たせることで、ランドセルを背中側に引き寄せ、フィット感を向上させるというしくみになっています。現在は、多くの標準価格以上の製品で同じような構造をとりいれていますが、最初にこの構造を開発・採用したのがセイバンです。ほかにも、肩ベルトをより身体になじみやすい形状にするなど、子どもの体に負担がかかりにくい工夫が凝らされていてます。女の子向けはきらきらとして可愛らしい、または派手なデザインが豊富で、男の子向けは落ち着きがあるものが多いです。

ランドセルは子供が6年間毎日使うものなので、やはり使いやすさが大事だと思い選びました。男の子なので、多少荒っぽく扱っても大丈夫なもの、軽くて身体に負担がかからないもの、A4サイズの資料も入るもの、など条件はいろいろありましたが、こちらはきちんとこだわって作られており、納得のいく商品だったので決めました。そして、やはり子供自身が気に入るデザインであることも大事でした。定番の黒を選びましたが、シンプルながらも、サイド部分にちょっとしたステッチでデザインがされていたりして、ちゃんと個性も主張できるランドセルで、本人も大満足でした。

出典:みん評

公式サイトはこちら

②萬勇鞄

萬勇鞄のランドセルの画像
価格帯 48,600円〜79,920円
重さ 約1200g〜1500g
ブランド特徴 職人の手作りからできるクオリティ

<萬勇鞄はランドセル工房の老舗です。以前はオーダーメイドに注力していましたが、現在はネット販売も行っており、知名度があがるにつれ人気も急上昇しています。職人による手づくりのため、質が高く耐久性にも優れています。背あて部分はクッション性に優れていて身体になじみやすく、背カンが稼働することでより背負いやすくなっているのも特徴。カラーのバリエーションは少なめで、落ち着いた高級感のあるデザインが多いです。近年の人気の高まりとともに、人気モデルは早くに売り切れになることが多くなりました。希望する場合は早めに資料をとりよせることをおすすめします。

今回は、素晴らしい買い物ができたと思っております。既製品でなく、オーダーメイドで購入したため、娘も大変満足しています。入学前ですが、毎日背負って家の前を自転車で走り回り、枕元に置いて寝るお気に入りぶりです。妥協一切なしの充実した買い物ができました。次回、下の子もお願いしたいと思います。ありがとうございました。

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

③フィットちゃん


フィットちゃんの画像
価格帯 44,500円〜97,200円
重さ 約1100g〜1500g
ブランド特徴 軽量&耐久性に優れたランドセル

フィットちゃんは高い知名度を誇る人気ブランドのひとつ。「フィットちゃん背カン」が最大の特徴で、これは、肩ベルトを25度立ちあげることでランドセルと背中の隙間を無くすというもの。自然な姿勢を保ちやすくなり、肩や腰の負担が大きく軽減します。肩ベルトが左右に稼働して背負いやすくなっているほか、ベルト内部に緩衝材が使われているなど、子どもに優しい工夫が随所に施されています。カラ―やデザインのバリエーションも豊富。ほかのメーカーや工房では少なくなりがちな男の子向けのデザインもかなり充実しています。

テレビコマーシャルに影響で子供自身もフィットちゃんを希望していました。ファッションブランドが出しているランドセルがフィットちゃんであったため決めました。価格はファッションブランドとのコラボということで八万円くらいでした。フィットちゃんは名前の通り、背中にフィットして重量感を感じさせない工夫がされています。子供もかなりの重さに詰め込んでも、自分で背負ってかなりの距離を歩きます。それでも肩や背中が痛くなることもなく使えています。

出典:みん評

公式サイトはこちら

④池田屋


池田屋 メイン
価格帯 39,000円〜85,000円
重さ 約1100g〜1400g
ブランド特徴 こだわりの高級感あるランドセル

池田屋は、カバンや財布、ベルトなどの皮製品を製造販売している会社です。池田屋のランドセルの特徴は、パーツによって使用する素材を使い分けていること。塗れやすいパーツには人工皮革、負担がかかりやすいパーツには牛革を使いわけるといった製造方法を導入しています。デザインはシンプルな傾向があり、落ち着いた高級感が感じられるものが多いです。アフターサービスが充実しているのも特徴で、壊れた場合はどんな理由であっても無償で修理対応可能です。ほかのメーカーでは、例え6年保証がついていても故意に壊した場合は有償修理となるのが一般的ですが、池田屋ではどのような理由であっても無償での修理を受け付けています。

なんといっても池田屋です!老舗鞄屋で、長年の実績があり、絶大な信頼があります。池田屋本店がある静岡県では、ほとんどの小、中学生は、池田屋のランドセルや鞄を使っていると思います。私も、ランドセルと中学生時代の鞄は池田屋さんの鞄を使ってました。娘のランドセルは、今話題の土屋鞄と悩みましたが、値段も納得、機能や使いかってが最高に良い、池田屋さん決め購入しました。一番気に入っているところは、時間割のクリアホルダーが、後付けできるところです。他メーカーのランドセルは、ランドセル内側に縫い付けてありますが、高学年になると汚くなり破れたりします。後付けの物は、汚れたら外せて、ちょっとしたプリントも入れやすいので、ともて重宝してます!

出典:みん評

公式サイトはこちら

⑤生田


生田 メイン
価格帯 53,500〜92,000円
重さ 約1380g〜1520g
ブランド特徴 ワンランク上、高品質のランドセル

生田は1950年創業のランドセル工房です。職人が細部にまでこだわって作りますので、高品質なのは言うまでもなく、機能性やデザイン性にも優れています。背カンが左右にスライドして背負いやすく、ベルトは生田オリジナルの「Sフィット」というデザインを採用。より身体にフィットして軽く感じられる構造をしており、身体への負担が軽減されています。上部には持ち手をつけて、持ち運びが楽になるようにし、快適な使い心地を実現。デザインやカラー展開は全体的にシックで落ち着いている傾向が見られます。6年間使い続けても飽きの来ない、上質なランドセルを手に入れることが可能です。

お友達からも素敵だねとよく褒めていただきます。何より本人が気に入って毎日嬉しそうに背負って学校に行きます。飽きのこない上品なデザインで、高学年になっても良く似合ってくれることでしょう。

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

⑥土屋鞄


土屋鞄のランドセルの画像
価格帯 59000円〜120,000円
重さ 約1150g〜1500g
ブランド特徴 シンプルで上品なデザイン

土屋鞄は、ランドセル工房からスタートして、現在はカバンや財布などの皮製品も製造販売している会社です。品質にこだわった物づくりをしており、シックで洗練されたデザインが高い人気を博しています。デザインやカラーは比較的落ち着いたものが多いですが、パターンが豊富で選択肢がたくさんあるのも人気の理由でしょう。上質で美しいランドセルを探している方に向いています。ただし、大きさはやや小さめで、A4クリアファイル対応のサイズ。通う予定の小学校がA4フラットファイルを日常的に使用しているのであれば、少し曲げないと入らないため、注意が必要です。

子供には、幼稚園のママ友の間で評判だった土屋鞄のランドセルを購入しました。中でも、馬のお尻の部分から取れるコードバンと呼ばれる皮を使ったタイプにしました。正直、お値段は高いと思います。しかし、高級感がある艶としなやかさで、ランドセルの中では最高のものだと思いました。色合いもとても素敵でした。緑、キャメル、ボルドーの3色の中から、子供は緑を選びましたが、6年間全く飽きがこなかった様子です。細かなパーツへの拘りや縫製のラインも素晴らしく「美しい」ランドセルであり、6年間ほとんど買った時のままの蓋のカーブなど、ペシャンコにならない「丈夫さ」を持った、その値段に十分に見合うランドセルだと思いました。

出典:みん評

公式サイトはこちら

⑦鞄工房山本


山本鞄 メイン
価格帯 57,000円〜179,000円
重さ 約1300g〜1500g
ブランド特徴 深みのあるデザイン&優れた耐傷性

鞄工房山本は、各種革製品の製造販売を行っている工房です。革職人が丁寧につくっており、細部まで神経の行き届いたつくりが特長。コードバン、牛革、人工皮革から素材を選べますが、それぞれ表面に加工を施して傷がつきにくいようにし、耐傷性に優れたものとなっています。牛革は15色、コードバンは8色とカラー展開もとても充実しています。いずれも深みのある落ち着いた色合いで美しく、モチーフをポイントづかいすることでシックな中にも愛らしいデザインとなっており、高学年になっても喜んで使ってくれることでしょう。人気モデルは販売開始から完売までが早いので、希望する場合は早めの行動を。

入学したての頃は、まさにランドセルが歩いているかのようでしたが、いつの間にかとっても似合うようになっていました。 息子もお気に入りのランドセル! 鞄工房山本さんに出会えて良かったです。これからも、大切に使わせてもらいます。 ステキなランドセルをありがとうございました!

出典:公式サイト

公式サイトはこちら

⑧カザマ


カザマ メイン
価格帯 32,800円〜68,000円
重さ 約950g〜1200g
ブランド特徴 美しいデザイン

カザマは、もとは学生かばんを製造していましたが、現在はランドセル製造に注力している製造会社です。10年以上かけて技術を磨いてきた熟練の職人が作りだすランドセルは、美しいだけでなく品質にも優れています。素材は丈夫で軽い人工皮革を使用しており、背カンはオリジナルデザインのものを使用、肩ベルトも緩やかなカーブを描くデザインを採用し、体への負担重量感が軽減するよう計算されて製造。ナスカンは一定の力が加わると自然と外れるように設計されていますので、うっかり給食袋をエレベータードアにはさむといった巻き込み事故が防げます。持ち手がついていて、持ち運びしやすい仕様に。デザインはわりと派手な傾向があります。特に女の子向けのプレミアムモデルは、はっと目をひくようなきらきらとした華麗なデザインです。

公式サイトはこちら

【まとめ】高級なランドセルは機能性や耐久性に大きな違いがある

高級ランドセルの特徴や選び方、メーカーごとの特徴についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

高価格でも選ばれるものには、やはりそれだけの理由があります。

耐久性や使いやすさ、背負いやすさといった大切なポイントはもちろん、上質でシック、洗練されたデザインのものが多く見られます。

本当に質が良いものなら、高学年になっても飽きることなく使い続けることでしょう。

たくさんのメーカーがありますので、早めに情報収集を行い、お子さんにぴったりのランドセルを選んであげてください。

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事