【ショップ一覧】名古屋でおすすめのランドセルメーカーとは?選び方もご紹介!

東京や大阪に次いで大きな都市であり、国内でも有名なランドセルメーカーが多数店舗を構えています。

また、それぞれのお店によって取り扱っている商品の特徴が異なり、選ぶメーカー次第ではお子さんの個性を強調したり、安全性を高めることができます。

現在市内でおすすめのショップは一体どこなのでしょうか。

お子さんが輝かしくて素敵な6年間を送るためには、ランドセル選びが非常に重要となります。

最良なお店を見つけてみましょう。

お母さん
ランドセル選びは大事よね!どんなショップがあるのかしら?
コンシェルジュ
ランドセル選びは非常に重要ですよね!今回は名古屋のランドセルショップや注意点などを解説していきますね!

名古屋市のランドセル販売ショップ


(1)村瀬鞄行

出典:村瀬鞄行

村瀬鞄行は背負う時に肩のベルトが立ち上がり、背中にピッタリとフィットさせる背カンという部分にこだわっており、軽量感と背負いやすさが特徴のメーカーです。

6年間の修理保証付きなので、安心してお子さんに使わせてあげられる点も大きな魅力と言えます。

ブランド詳細記事はこちら
公式サイトはこちら


(2)フィットちゃん名古屋ショールーム

出典:フィットちゃん

フィットちゃんは耐久性に優れており、最も壊れる確率が高いと言われる背感はおよそ10万回の負荷テストを行っているため、いつまでも大切に使い続けることができます。

購入後にパネルにて記念写真を撮ることも可能で、お子さんや親御さんにとっては一生の思い出になるはずです。

ブランド詳細記事はこちら
公式サイトはこちら


(3)SEIBAN SAKAE(セイバン直営店)

出典:セイバン

名古屋市の店舗が東海エリアで初となるセイバン直販店であり、スタイリッシュなデザインの外観と開放感のある内観が目を惹く店舗となっています。

実際に背負って体験できたり、小さなお子さんを安心して遊ばせることができるキッズゾーンも併設されているので、納得するまでじっくりと選ぶことができます。

ブランド詳細記事はこちら
公式サイトはこちら


(4)イオン

出典:イオン

イオンには収納力が抜群の大容量タイプや、24色とカラーバリエーションが豊富で低価格なタイプの商品が販売されています。

大容量タイプは小マチが3cmから最大で8cmまで伸び縮みするため、荷物をより多く収納できます。

高学年になると教科書類も増えますが、イオンの商品なら問題なく対応できます。

ブランド詳細記事はこちら
公式サイトはこちら


(5)ジェイアール名古屋タカシマヤ

出典:タカシマヤ

市内にある百貨店の中でも品揃えが特に豊富なのがタカシマヤです。

タカシマヤオリジナルの商品はもちろんのこと、セイバンやフィットちゃんといった大手メーカーも公認のもとで取り扱いを行っています。

より多くの選択肢の中から選びたい親御さんには打って付けのお店と言えるでしょう。

公式サイトはこちら


(6)マツモト

出典:マツモト

高品質でありながら徹底したコストパフォーマンスを実現したランドセルが魅力のマツモトでは、デザインや機能性に加え、高い耐久性を誇るベストクオリティーの提供を受けることができます。

軽量で背負い心地が良く、お子さんにストレスを与える心配がありません。

公式サイトはこちら


(7)ナガエかばん

出典:ナガエかばん

全国鞄技術コンクールにて度々上位入賞を果たしている熟練した職人が手がける商品を販売しているメーカーです。

すべて手作りのため価格はやや高めに設定されていますが、その分クオリティの高さは実証済みです。

牛革で作られた高級感溢れるデザインは、クラスでも一際存在感を放つのではないでしょうか。

公式サイトはこちら


(8)三栄鞄

出典:三栄鞄

個性的な商品を多く扱うメーカーです。

男の子向けの赤いランドセルの元祖とも言われる三栄鞄では、様々なカラーバリエーションの中からお子さんにピッタリの一品を選ぶことができます。

すべて自社工場で製造しており、安心安全の日本製です。

6年保証も付いており、アフターフォローも万全となっています。

公式サイトはこちら


(9)近藤鞄

出典:近藤鞄

手縫いにこだわりを持った手作りランドセルが評判のメーカーで、オーダーメイドにより世界に一つだけの一品を手に入れられます。

オーダーメイドでは革の種類や使用する色を自由に選ぶことができる他、シミュレーションにより見積もりを出すことも可能で、初めて利用する方でも安心して依頼することができます。

公式サイトはこちら


(10)土屋鞄

出典:土屋鞄

小学校の向かいに位置する土屋鞄は、赤レンガで囲まれた温かくアットホームな雰囲気が特徴的なショップです。

価格帯に応じた多数のモデルが用意されており、店員さんの丁寧なアドバイスを受けながらじっくりと選ぶことが可能です。

キッズスペースもあるため、小さなお子さんがいる家庭でも気軽に来店できます。

ブランド詳細記事はこちら
公式サイトはこちら

名古屋でおすすめのランドセルショップ

(1)ジェイアール名古屋タカシマヤ

出典:タカシマヤ

店舗が大きな百貨店の中にあるので、品揃えは群を抜いています。

セイバンやフィットちゃんの公式サイトに取扱店として正式に記載されており、大手メーカーからもお墨付きを受けたお店と言えるでしょう。

毎シーズンごとに新入学フェアといった大型イベントを実施するなど、他店では見られない特徴的なサービスを提供しています。

ランドセルを購入後は百貨店内をお子さんと一緒に見て回ることもでき、利便性の高さも魅力の一つです。

お母さん
タカシマヤには人気メーカーの品揃えが豊富に用意されているのね!
コンシェルジュ
そうですね!タカシマヤは他にはない大型イベントなども実施しているので注目です!

(2)イオン

出典:イオン

大手メーカーであるセイバンとフィットちゃんの両方を取り扱っているのはイオンとタカシマヤだけです。

それだけにラインナップの多彩さは特におすすめできるポイントとなっています。

もちろんイオンのオリジナル商品も品質が高くカラーバリエーションが豊富なため、思わず目移りしてしまうのは間違いないでしょう。

在庫状況は季節に応じて変化するので、お目当てのメーカーがある場合は早めに足を運んでチェックしておくことを推奨します。

名古屋でランドセルを購入する際の注意点

(1)公式オンラインストアを確認

店舗で実際に着用感などをチェックし、好感触を得た場合でもすぐに購入はせず、一旦公式オンラインストアを確認してください。

なぜなら在庫のカラーバリエーションやモデルの種類が、公式オンラインストアの方が断然豊富だからです。

店舗だと商品を置けるスペースが限られているため、バリエーションが少ないケースが多いのです。

また、お子さんの身体は日々成長するため、店舗で行うフィッティング自体が不必要であることも理由に挙げられます。

名古屋で購入できるおすすめランドセルメーカー2選

お母さん
おすすめを紹介してくれるのね!楽しみだわ!
コンシェルジュ
お待たせしました!名古屋で購入できるおすすめのメーカーを紹介していきますね!

①セイバン


子供3人がランドセルを背負っている画像
価格帯 57,240円〜91,800円
重さ 約1130g〜1520g
ブランド特徴 天使のはねで体感重量が軽い

テレビCMでも有名なセイバンは、国内に複数の製造工場を持つ大手メーカーです。お子さんが背負う際のストレスを最小限に抑え、心地良さを極限まで追求した商品が最大の売りです。耐久性も格段に高く、体重を掛けてもそう簡単にはつぶれません。激しく動いても中の教科書が動きにくいよう配慮された作りにもなっています。セイバンなら6年間使っていく上で欠かせない要素がすべて詰まった最上級のランドセルを購入できるでしょう。

ランドセルは子供が6年間毎日使うものなので、やはり使いやすさが大事だと思い選びました。男の子なので、多少荒っぽく扱っても大丈夫なもの、軽くて身体に負担がかからないもの、A4サイズの資料も入るもの、など条件はいろいろありましたが、こちらはきちんとこだわって作られており、納得のいく商品だったので決めました。そして、やはり子供自身が気に入るデザインであることも大事でした。定番の黒を選びましたが、シンプルながらも、サイド部分にちょっとしたステッチでデザインがされていたりして、ちゃんと個性も主張できるランドセルで、本人も大満足でした。

出典:みん評

公式サイトはこちら

②フィットちゃん


フィットちゃんの画像
価格帯 44,500円〜97,200円
重さ 約1100g〜1500g
ブランド特徴 軽量&耐久性に優れたランドセル

オーダーメイドでありながら低価格でランドセルが購入できるフィットちゃんは、金額に見合わない耐久性の高さとバリエーションの豊富さが自慢のメーカーです。扱っている商品のモデル数は40以上で、お子さんの好みに合わせた一品を選択できる自由度の高さもおすすめできる理由です。ラインナップの数が膨大なので、店舗で一気に決めてしまうのではなく、公式オンラインストアで隅々まで確認してから決定すれば失敗するリスクを減らせるはずです。

テレビコマーシャルに影響で子供自身もフィットちゃんを希望していました。ファッションブランドが出しているランドセルがフィットちゃんであったため決めました。価格はファッションブランドとのコラボということで八万円くらいでした。フィットちゃんは名前の通り、背中にフィットして重量感を感じさせない工夫がされています。子供もかなりの重さに詰め込んでも、自分で背負ってかなりの距離を歩きます。それでも肩や背中が痛くなることもなく使えています。

出典:みん評

公式サイトはこちら

名古屋のランドセル選びは始めに公式サイトをチェック

市内には大手メーカーの商品を多数扱った店舗から、熟練の職人が時間を掛けて手作りで製作する老舗まで、親御さんのニーズに合わせて選べるお店が数多く存在しています。

店舗で実際に商品を見て触って決めることも大切ですが、公式オンラインストアで豊富なバリエーションの中から落ち着いて選択することもランドセル選びで失敗しないコツです。

市内には優良な店舗が多いので、迷った時はお店の店員さんに尋ねてみても良いでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事