【可愛いけど飽きない?】リボン付きランドセルのおすすめや口コミをご紹介!

リボン付きランドセルの画像

ランドセルといえば小学生が通学に利用する背負い式の鞄のことであり、これまでは男の子は黒、女の子は赤が定番となっていました。

ただし近年では種類が様々となり、黒や赤以外にも様々な色の製品が選べるようになっています。

さらにデザインについても様々となっており、女の子向けではリボン付きのものが人気を集めているようです。

お母さん
リボン付きのランドセル?どんな特徴や種類があるのかしら?
コンシェルジュ
リボン付きのランドセルには女の子が気にいる様々な要素があります!詳しく解説していきますね!

リボン付きランドセルの特徴とは?

女の子は可愛いものが大好きであり、ランドセルについても可愛い製品が人気を集めています。

特に人気が高いのはハート付きのデザインとリボン付きのデザインのものですが、ハート付きはデザインが派手になるため、高学年になると飽きてしまうことが多いようです。

一方のリボン付きはシンプルなデザインになりますので、低学年から高学年まで飽きることなく愛用することができます。

ランドセルに付いているリボンの種類

(1)刺繍

リボンの刺繍の画像

出典:楽天市場

リボン付きランドセルには、さらに様々な種類のものがあります。

まずはデザインが刺繍で施されているタイプを検討してみましょう。

このタイプは刺繍デザインにより、本体がシンプルで使いやすいことが特徴です。

サイドの部分や中の部分などに刺繍が施されたものや、刺繍の色が本体に近いものを選べば、さり気ない可愛らしさを演出することができます。

(2)飾り

ランドセルリボンの飾りの画像

出典:楽天市場

さらに立体的な飾りがついたタイプや、飾りの部分が取り外し可能なタイプなども販売されています。

こちらのタイプは刺繍よりもさらにはっきりとしたデザインになりますので、年少のお子様に人気が高いようです。

ただし立体的で大きな飾りが取り付けられた製品はその部分が傷みやすくなりますし、さらに高学年になると装飾的なデザインを好まないお子様が増加しますので、大きな飾りがついた製品を購入するのであれば取り外し可能なタイプを選ぶことを検討してみてください。

(3)鋲

ランドセル リボンデザインの鋲の画像

出典:楽天市場

近年ではオーダーメイドやカスタムオーダーに対応する製作業者が増えており、使用するを独自のリボンデザインに変更できる場合などもあります。

背中の蓋の部分(かぶせ)の下部2か所に小さなリボン形の鋲を取り付けるデザインが人気で、キラキラ感のあるスワロフスキーを埋め込んだ鋲などを選択することができます。

可愛いをさりげなくアピールできますので、シックでおすすめのデザインだといえるでしょう。

お母さん
鋲もリボンデザインに変更できるのね!これは気に入りそうだわ!
コンシェルジュ
そうですね!さりげない可愛さが女の子にとって嬉しいポイントです!

リボン付きランドセルの口コミ

7月の展示会で、実物を見せていただき、娘がこちらを選びました
シブヤさんのランドセルはどれも可愛くて目移りしてしまいますが、高学年になった時の事を考え、お姉さんらしい、このリボン柄に落ち着きました
展示会特典も同じラベンダー系を選びました
品質に関しては、今6年生の息子がシブヤさんで購入したランドセルを使っているので信用してます

出典:楽天市場

明るい色のランドセルを選ぶと思っていたら、娘は、このこげ茶色のランドセルでした。驚きでしたが、水色のランドセルを最初は探していたのを知っているので、届いて納得。。かわいいです。内側が水色系で、ハート柄ではなく、リボン柄。うちの子にぴったりです。。長女は、このシブヤ文具さんのハートランドセルでした。4年生の今でも、壊れずにきれいな形で使用できています。

出典:楽天市場

最初ラベンダー色のランドセル希望だった娘…でも、リボンいっぱいのこちらに出会い、キャメル色で落ち着きました。かわいいが大好きな女の子にぴったりです。たくさんの色が使用されていますが、さほど気になりません。

出典:楽天市場

 

リボン付きのランドセルの口コミを見ると、上記のような良い声が多く寄せられています。口コミでも分かるように、リボン柄は女の子が非常に気にいるポイントのようですね。他にも、リボン柄ハート柄で迷っていたお子さんも多くいたようですが、「高学年になっても使いやすいということを考えて、リボン柄にしました」という声が多く寄せられていました。

おすすめのリボン付きランドセル4選

お母さん
おすすめのランドセルを紹介してくれるのね!どんな可愛いモデルがあるのかしら!
コンシェルジュ
ここでご紹介するモデルは可愛いデザインに加え、機能面でも優れているので安心して見てくださいね!

①【フィットちゃん】スイートリボンクラリーノ


スイートリボンクラリーノの画像
価格帯 55,000円
重さ 約1250g
ブランド特徴 リボンの刺繍がたっぷり施されたモデル

フィットちゃんのスイートリボンクラリーノは、可愛いが大好きな女の子のためのランドセルです。全体に繊細な刺繍が施されており、その他にもかぶせ鋲や引手などにはオリジナルデザインの特注パーツが使用されています。メイドインジャパンの安心品質や、フィットちゃんシリーズ共通の使いやすい仕様なども、嬉しい特徴だといえるでしょう。カラーはスイートなピンクからパステルなブルーなどのパールカラーをはじめとして、定番の赤や黒などを含めた全7色がラインナップされています。本体素材はクラリーノ、本体重量は1,250g、希望小売価格は税込55,000円です。

ブラウンを購入しました。思ったよりも濃いこげ茶色でしたが、刺繍も可愛く親子で大満足です。フィットちゃんシリーズなので機能性でも安心です。可愛く、使い勝手の良いランドセルをお安く購入出来て良かったです。

出典:楽天市場

楽天市場で詳細を見る

②【高島屋】高島屋オリジナルランドセル

高島屋ランドセルの画像
価格帯 64,800円
重さ 約1250g
ブランド特徴 使いやすさにもこだわった、可愛いらしいモデル

高島屋ランドセルはリボン付きデザインが特徴の、高島屋が販売を行うオリジナル製品となっています。デザインにこだわったことが特徴であり、さらに飾りの部分は取り外して鋲と取り換えることもできますので、小さなお子さんにも親御さんにも安心しておすすめできる製品だといえるでしょう。A4ファイル収納可能サイズなど、しっかりとした使いやすさを実現していることも特徴となっています。本体素材はクラリーノ、本体重量は1,250g、希望小売価格は税込み64,800円となっています。

公式サイトはこちら

③【イノセントワールド】ランドセル

イノセントワールドランドセルの画像
価格帯 118,800円
重さ 約1250g
ブランド特徴 お嬢様気分になれる、可愛いモデル

イノセントワールドランドセルは、お嬢様テイストの製品をお探しのお子様や親御さんにおすすめの製品です。本体はシックなアンジェショコラ(アンティークブラウン)となっており、さらにかぶせの中央には小ぶりのリボン飾りと、上品なレース調の刺繍が施されています。デザインそのものは派手で主張が強いものとなっていますが、アンティーク感の強いシックな色合いにより全体の雰囲気は落ち着いた印象に仕上げられていますので、ロマンチックで自然に使いこなすことができるはずです。本体素材はクラリーノ、本体重量は1,250g、希望小売価格は税込み118,800円となっています。

公式サイトはこちら

④ラブピキューティリボン

ラブピキューティの画像
価格帯 62,640円
重さ 約1210g
ブランド特徴 背負いやすく、使いやすいモデル

ラブピキューティーリボンは「天使のはね」でお馴染みのセイバンの、女の子向けの可愛いを実現した製品です。パール調の光沢感のあるクラリーノ素材を採用し、女の子に人気のパープル・サックス・ピンクの3色をラインナップしました。魔法の力でキュートに変身したい、女の子向けヒーローが大好きなお子様におすすめの製品となっています。可愛いに加えてセイバンに共通の機能や品質もしっかりと備えていますので、大切なお子様のために使いやすいランドセルを選びたい親御さんにもおすすめです。本体素材はクラリーノ、本体重量は1,210g、希望小売価格は税込み62,640円となっています。

公式サイトはこちら

リボン付きランドセルには取り外し可能な場合もある?

ランドセルの画像

出典:Q-pot

リボン付きランドセルにはさらに刺繍によるデザインの製品や飾りのついた製品、オリジナルデザインの鋲がついた製品などがあります。

刺繍が施された製品は基本的にそのままとなりますが、飾りや鋲については取り外しが可能な場合もありますので、購入を検討する際には取り外しの可否をチェックしてみてください。

飾りや鋲については、別の色やデザインのものとの交換ができる場合などもあるようです。

組み合わせアレンジなどを楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

6年間使用することを前提としてリボン付きランドセルを選びましょう

今回はリボン付きランドセルについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

リボン付きのデザインは可愛いが大好きな女の子に最適ですが、購入を検討する際には6年間使用することをしっかりと考慮してください。

低学年の女の子にとっては可愛いデザインであっても、高学年の女の子にはふさわしくない場合などもあります。

大きな飾りのついたデザインの場合には、取り外しが可能なタイプなどを検討してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事