【口コミ】セイバンの天使のはねランドセルの特徴や評判とは?

TOP画像

天使のはねのCMを見たことがありますよね。

にこやかな笑顔をした子どもたちが、希望いっぱいにランドセルを背負って踊る姿が微笑ましく、自分にもあんな時代があったことを思い出すのではないでしょうか。

そんな天使のはねを作っているのが、セイバンです。

最も知られているのが、大ヒットした天使のはねですが、実はセイバンのランドセルにはたくさんのシリーズがあるため、お子さんの好みなどに応じて選べるのです。

ここでは、セイバンの個性と特徴あるランドセルについて紹介していきましょう。

セイバンとは?

セイバンは、兵庫県たつの市に本社に置くカバン製造販売会社です。

創業は1919年、従業員数は220名(2018年4月)、事業内容としては主力のランドセルに加えて、関連グッズの製造販売を行なっています。

会社名は製カバン、また西播地方にあることが由来です。

創業当初からカバンや財布などの革製品を中心に煙草用のキセル製造販売していましたが、戦後からランドセル製造を開始しました。

老舗メーカーでしたが、2003年の天使のはねが大ヒットしたことから全国ブランドへと飛躍し最大手ブランドとなります。

企業理念は「愛情を込めたものものづくりを通じて、子どもたちと家族の生活に貢献します」です。

セイバンのランドセルの特徴とは?

セイバンの画像

出典:セイバン

ランドセルにも低価格なものから高級なものまで幅広くありますが、セイバンの平均価格帯は約6.5万円であるため、中高級メーカーに属しているといえるでしょう。

価格以外の特徴としてブランド数が多いことも指摘できます。

必要十分な機能を全て詰め込んだベーシックなモデルロイヤル、ラグジュエリーさを加味したモデルロイヤル・レジオ、伝統的なデザインと重量感軽減を実現した天使のはねクラシックがあります。

また女の子向けのラブピ、アクティブな子供に適したワンバ、コンバースやプーマとコラボしたモデル、本革で作った最高級モデルのホマレがあり、それぞれに違った特徴を持ちます。

セイバンのランドセルの天使のはねとは?

天使のはねの画像

出典:セイバン

実は天使のはねは肩ベルトの付け根に装着されている樹脂製パーツのことで、白い羽のような形をしているためそう名付けられました。

天使のはねがあることで肩ベルトがすっと立ち上がって重心が下がるため、体にフィットし子どもたちの負担が減少します。

この天使のはねが誕生したのは子どもたちの負担軽減を考えてのことだったのです。

開発にはセイバンのランドセルマイスターらが樹脂の厚みや形、長さ、固さなどを変更しながら施策を続けており、約3年もの月日を経て完成にこぎつけました。

それまでのランドセルといえば、背中にフィットせず不安定でしたが、天使のはねにより背中にフィットするようになりランドセルの重量が適度に分散するため、同じ重量でも軽く感じるようになりました。

セイバンのランドセルのメリット

(1)耐久性があり、傷つきずらい

セイバン 型崩れ防止機能の説明画像

出典:セイバン

小学校性活の約6年を通じて利用するランドセルは高い耐久性が求められますが、長く使うほどにとぺっちゃんこになってしまいますよね。

そうなると教科書などを入れる余地が小さくなるため、使い勝手も悪くなります。

セイバンのランドセルは耐久性を高めるためにPET製芯材タフかるプレートを開発しました。

側面と底部をしっかりとガードすることで、圧力に対してつぶれにくく、高い強度を維持できます。

傷みやすい取り出し口に変形防止樹脂と帽子ワイヤーで補強、ぶつけやすいコーナー部を2重巻きにしたり、傷や汚れに強いPET素材総内張りにしているため、汚れても拭くだけで済ませられます。

(2)型崩れ防止の321構造

セイバン 321構造の説明画像

出典:セイバン

型崩れ防止機能として321構造を採用しています。

先ほど説明したタフかるプレートをベースに芯材を二重構造にしており、3面一体のコの字にすることでかかる圧力を分散して型崩れを抑止します。

セイバンでは、この321構造に加えて耐久試験を行うことで品質を確保しています。

耐久試験ではランドセルのサイド部分に対して50kgの圧力をかけていきますが、321構造をしているためびくともしません。

しかしタフかるプレートなどを備えていない一派的なランドセルだと50kgの圧力をかけると簡単に歪んでしまいます。

321構造をしたランドセルとしていないものと比較すると約2倍もの耐久差があるため、小学校生活を通じての型崩れを防止できます。

(3)通気構造搭載でお子さんが走ってもムレにくい

セイバンの通気性の説明画像

出典:セイバン

ランドセルを背負って元気よく走る小学生の姿を見かけますが、気にあるのが背中の通気性です。

蒸し暑い夏に登下校すると背中に熱がこもりやすくなり、汗をかきやすくなります。

その対策としてセイバンは背中通気構造を採用しました。

これは、背面部に設置する背中あてクッションを立体構造にし、その央部分に凹みを設けることで空気の流れが起きやすくしています。

セイバンというとフィット感が高いため、隙間なく密着しているイメージを持ちがちですが、実際は空気が通るための空間が設けられているので、走ったり、蒸し暑い夏場でもムレにくくなっています。

これに加えて、吸湿と放湿繰り返すポリウレタン合成皮革を背面部に採用、抗菌レベルのバイオコート塗装により、雑菌の繁殖を抑制できるため清潔さもアップしました。

(4)A4フラットファイル対応

セイバン A4フラットファイル対応の説明画像

出典:セイバン

求められるのが収納力の高さではないでしょうか。

セイバンのランドセルは、小学校で主流になりつつあるA4フラットファイルもすっぽりと入るため、安心して利用してもらえます。

同じA4サイズにはクリアファイルもありますが、実はフラットファイルよりもサイズが小さいため、クリアファイル対応のランドセルには、フラットファイルをきれいに収納できません。

もちろん斜めに入れれば収納できないわけではありませんが、形が崩れてしまったり、他の教科書を収納しづらくなります。

セイバンのランドセルのすべてのモデルはA4フラットファイルサイズ対応しているため、収納の不安なく安心して使ってもらえます。

(5)品質にこだわった日本製・6年間修理保証

セイバン 6年間保証の画像

出典:セイバン

品質にこだわるセイバンのランドセルは、すべて日本国内で製造しています。

また万が一の故障や破損に対応して6年間修理保証サポートを利用できるようアフターサービス体制を整えました。

しかし実際に使うにはどうすれば良いのでしょうか、気になりますよね。

6年修理保証サポート対象となっているのは、ランドセルに付いた金具類が取れたり、ワンタッチロックがかかりにくいといった使用上において決定的な問題となり得る故障においては、無償で対処してくれます。

ただしハサミやカッターで傷つけたり、転んでしまってできた破れ、重みに耐えきれずランドセルが潰れてしまう、油性ペンやマジックなどでの汚れなどは有償修理となります。

長く利用すると金具がズレてしまったり、ロックできないこともありますが、セイバンは6年間修理保証してくれるので安心して使えます。

セイバンのランドセルの口コミ

ランドセルは子供が6年間毎日使うものなので、やはり使いやすさが大事だと思い選びました。男の子なので、多少荒っぽく扱っても大丈夫なもの、軽くて身体に負担がかからないもの、A4サイズの資料も入るもの、など条件はいろいろありましたが、こちらはきちんとこだわって作られており、納得のいく商品だったので決めました。そして、やはり子供自身が気に入るデザインであることも大事でした。定番の黒を選びましたが、シンプルながらも、サイド部分にちょっとしたステッチでデザインがされていたりして、ちゃんと個性も主張できるランドセルで、本人も大満足でした。

出典:みん評

家の長男は小学2年ですが、去年天使のはねを買いました。初めにびっくりしたのが、今のランドセルはこんなに軽いのかとびっくりしました。長男も毎日小学校にしょっていくにも軽くて喜んでいます。また、いろいろ物を入れても、けっこう物が入るところも気に入っています。

出典:みん評

ランドセルを手に持った時、その軽さにまず驚きました。たくさん教科書を入れて重くなることが予想されとにかく軽いものと思っていたので、願っていた軽さでした。また、ベルトの形が身体にフイットするようになっていて、背負いやすいと子供は言っています。男の子なので少々乱暴に扱うこともあり、丈夫さが必要でした。購入して2年になりますが、傷んでいる様子は見られません。黒色に青いステッチが入っている落ち着いたデザインで、私も子供もとても気に入っています。。

出典:みん評

セイバンはお子さんの使いやすさにこだわってランドセルを作っているため、口コミをみると上記のような良い口コミが多く寄せられています。

また、活発な男の子が乱暴にランドセルを扱っていても型崩れしないことや、万が一に備えた6年間保証なども高評価に繋がっている理由となっているようです。

セイバンのランドセルがおすすめなお子さん

子供3人がランドセルを背負っている画像

出典:セイバン

  • 体感重量が軽くなるモデルを探しているお子さん

天使のはねを肩ベルト根元に据え付けることで背面部へのフィット感を向上させており、肩と背中で重量を分散してくれるため、体感重量が改善します。

  • デザイン性で選びたいお子さん

セイバンのランドセルには、スタンダードモデルのモデルロイヤルからデザイン性を重視したレジオ、伝統的なクラシックモデル、スポーツブランドとのコラボモデル、最高級の本革モデルまで用意しているため、様々なデザインから選べます。

  • カラーで選びたいお子さん

男子はブラック、女子はレッドという固定概念を越えて、様々なカラーバリエーションを用意しているため、色にこだわりのあるお子さんにも使ってもらえます。

セイバンの女の子におすすめのランドセル5選

①モデルロイヤル・レジオ


ランドセル画像
価格帯 62,640円〜73,440円
重さ 約1160g〜1180g
ブランド特徴 ワンランク上の品質・機能

女の子に人気のレジオは、落ち着いたベーシックモデルと可愛らしいプリンセスモデルがあり、それぞれデザインが違っています。ベーシックのカラーには真紅のカーマインレッド、明るい風合いのローズピンク、男女兼用のブラウンがあり、小学6年生になっても利用しやすい優雅さとエレガントなアクセントが、おすすめポイントです。プリンセスモデルは、カラーには女子らしいパールピンク、個性派のパールパープル、落ち着きのあるパールブラウン、独自性の強いパールサックスがあり、艶のある仕上がりをしています。お姫さまスタイルを重視した細部に仕上げがポイントになっており、レース調のティアラやバラ、ハート型Dカンもカワイイです。

公式サイトはこちら

②モデルロイヤル


ランドセル画像
価格帯 59,400円〜78,840円
重さ 約1180g〜1240g
ブランド特徴 高学年になっても使いやすいデザイン

ベーシックとロマンティック、スウィートパフューム3モデルがあります。ベーシックモデルはビビッドレッドなど全3色あり、いずれもマットな仕上がりをしています。ベーシックは白い花をモチーフにした鋲や花の刺繍を施した可憐なデザインと側面部に反射材を塗布することで夕方での視認性もアップしました。ロマンティックモデルは、ベーシックの3色に加えてパールブラウンを加えています。お姫様が住むお城をイメージしたツタやメリーゴーランドの刺繍を施すことで、ロマン溢れる仕上がりになりました。スウィートパフュームは、ビビッドレッドなど全4カラーを用意しており、メイクをする大鏡や香水瓶を刺繍したちょっと大人の印象を感じられるアクセントを施しています。

公式サイトはこちら

③ラブピ(Lovepea)


ランドセル画像
価格帯 57,240円〜62,640円
重さ 約1170g〜1210g
ブランド特徴 目立ちたい子にはこのランドセル!

ラブピには、ミルキー、キャンディーポット(イオン限定)、ガーリー、マジョリカがあり、可愛らしさが特徴です。ミルキーはコロンとした丸いフォルムが特徴になっており、ハートや花がらなどの刺繍を施したメルヘンなイメージを感じさせてくれるラブリーさが魅力です。ビビットピンクを中心に4色を揃えています。かわいさ全開のキャンディーポットは、デザインにキャンディーを多用しており、どこから見ても楽しい印象を放っています。ビビッドピンクなど全3色から選べますが、イオン限定ランドセルです。ガーリーは、女の子らしいハートのネックレス刺繍やスワロフスキークリスタルをあしらい注目度もアップするデザインに仕上げました。カラーはパールピンクなど全4色から選べます。マジョリカは、魔法の世界をイメージしたハートや星の刺繍をあしらっており、キラキラ感が魅力です。パールピンクとパールパープルの2色から選べます。

公式サイトはこちら

④天使のはねクラシック


ランドセル画像
価格帯 57,240円
重さ 約1140g
ブランド特徴 6年間に備えた耐久性

最も人気を集めている定番スタイルです。装飾を一切省いた伝統的なランドセルスタイルを維持しながら、子どもたちや保護者の要望に応じた機能性を強化しています。フィット感が高く、重量感を軽減しており、6年間の小学校生活をしっかりとサポートしてくれます。背中にはWクッション据え付けることで蒸し暑い夏でも通気性を確保しました。時代に流されることがなく、古くもならないクラッシックな実用性最大の魅力です。カラーは女の子に根強い人気のあるビビッドピンク、落ち着いた印象のあるブラウン、個々性を感じられるキャメルやマリンブルー、落ち着いた雰囲気のブラックから選べます。

公式サイトはこちら

⑤HOMARE


HOMARE画像
価格帯 81,000円〜91,800円
重さ 約1490g〜1520g
ブランド特徴 上質なデザイン

セイバンランドセルの中で最高級モデルです。伝統的なデザインに本皮の持つ贅沢な風合いと技術を結集させており、高級ブランドバッグに比類するような上質さを感じさせます。本革は合成皮革に比較して重いというイメージがありますが、天使のはねを用いているため、重量感を軽減するなど高い機能性を備えています。また長く愛せるクラシカルなデザインを施すことで、時代の変化に関係なく利用してもらえます。製品バリエーションには、3D肩ベルトなどの構造を組み込んだプレミアムレザーと、革の宝石と呼ばれているコードバンを使ったアンティークコードバンから選べます。それぞれのカラーとしてブラック、ビビッドピンク、キャメルがあります。

公式サイトはこちら

セイバンの男の子におすすめのランドセル5選

①モデルロイヤル


ランドセル画像
価格帯 59,400円〜68,040円
重さ 約1170g〜1200g
ブランド特徴 高学年になっても使いやすいデザイン

ベーシックモデルは、小さな紳士な印象を与えてくれます。直線的でムダのないデザインにカフスやタキシードをイメージしたアクセントを加えました。ブラック系カラー3色から選べます。トラッドモデルは、かっこいいライオンをモチーフにしたエンブレムを側面に刺繍、カブセ内側にシルバーのストラップを据えるなど英国王室ブランドのようなシックな気品を感じさせます。ブラック系の3色にマリンブルーの全4色から選べます。クラシックナイトは、騎士をイメージしたモデルです。側面部分に剣と盾のエンブレム刺繍とカブセ内にエンボス柄と切り返しのデザインを施しており、ブラックベースの3色から選べます。ファンタジックナイトは、勇敢な騎士をイメージしました。剣と盾や交差するようにあしらったステッチがかっこよくなっており、情熱を感じさせてくれます。マリンブルーを含めた全4色から選べます。

公式サイトはこちら

②ワンパイーグル


ワンパイーグルの画像
価格帯 62,640円
重さ 約1210g
ブランド特徴 優れた耐久性

わんぱく少年に向いているのが、ワンパイーグルです。主要素材であるクラリーノタフロックは、ハードな傷に対しても耐久性が高くなっています。また角にコーナーガードを施すことで補強、戦隊ヒーローもののようなイメージと機能性耐久性を加えたモデルです。側面にイーグルをイメージした立体的な盛り加工を施した他、ワンタッチで開閉するシャトルロックは、ライダーの変身ベルトのようにクールです。カラーバリエーションはブラック系3色があり、刺繍色カーマインレッド、マリンブルー、ブラックがあります。

公式サイトはこちら

③天使のはね・クラシック


ランドセル画像
価格帯 57,240円〜62,640円
重さ 約1140g
ブランド特徴 樹脂素材効果でしっかり体にフィット

男の子向けのランドセルでも人気が高いのが、天使のはねクラッシックです。1年生から6年生までずっと使い続けられるシンプルかつクラシカルな伝統的装飾をベースにしており、時代や流行に関係なく愛されています。楽パッドフレックスや背中Wクッションにより、季節に関係なく快適な小学校生活をサポートしてくれます。カラーバリエーションは最も人気のあるブラック、個性あるマリンブルー、ちょっと大人の雰囲気がするブラウン、明るい印象のキャメル、鮮やかなビビッドピンクの全5色から選べます。

公式サイトはこちら

④PUMA


ランドセル画像
価格帯 70,200円〜73,440円
重さ 約1130g
ブランド特徴 スタイリッシュな印象

アスリートシリーズとも言えるのが、このモデルです。PUMAと豹の刺繍を施しており、ストレートを貴重としたモダンなデザインからは、アクティブな印象を感じさせるため、サッカーや野球などのスポーツをしているお子さんに選ばれています。シリーズとしてはプーマと公式オンランショップや直営低限定モデルがあります。限定モデルはサイドにパンサーロゴを施すなど、躍動的な印象を感じさせます。カラーバリエーションとしては、ブラックをベースした3色とマリンブルーがあります。プーマモデルは、大きく「PUMA」の刺繍を施しており、やはりスポーツを好きな男の子に人気です。ブラックカラーをベースに縁を彩る色としてマリンブルー、カーマインレッド、ブラックを採用、それぞれで印象が違ってきます。

公式サイトはこちら

⑤HOMARE


HOMAREの画像
価格帯 81,000円〜91,800円
重さ 約1490g〜1520g
ブランド特徴 3D肩ベルトの効果で重量感を軽減

本皮を使ったホマレも男の子の人気を集めています。時代を越えて愛されるクラッシックなスタイルに加えて、セイバン独自の3D肩ベルトにより、ランドセルの重さを適切に分散し重量感を減らすため、背負ったまま走った際にも上下や左右への揺れを軽減します。シリーズとしては、ベーシックとなるプレミアムレザーと高級本革コードバンを使ったアンティークコードバンから選べます。いずれも公式オンラインストアや直営店販売限定なので、早めに注文しなければ売り切れてしまうほどの人気ランドセルです。カラーバリエーションはシリーズで共通しており、明るい印象のあるキャメル、真紅が美しいビビッドピンク、シックなブラックから選べます。

公式サイトはこちら

【まとめ】セイバンのランドセルで快適な小学校生活を

セイバンのランドセルについて紹介してきましたが、いかがでしたか。

セイバンは中高級品をメインとする老舗メーカーでしたが、天使のはねの発表により一躍日本最大のランドセルメーカーへと成長しました。

3年かけて開発した天使のはねは、ランドセルの課題であった肩ベルトのたるみを修正し接地面のフィット感を大きく向上させました。

この革新的な進化に加えて3D肩ベルトの321構造など他を採用するなど、6年間通して使える高い機能性を与えました。

セイバンのランドセルは、デザインや主要素材を活かしたシリーズやカラーバリエーションが豊富なので、小学校に進学する保護者たちから高い信頼を寄せられています。