ランドセルの捨て方はどうしたらいいの?燃えるゴミでも大丈夫?

お子様が小学生となり、大きなランドセルを背負って登下校する姿に、微笑ましく見送っていたのではないでしょうか。小学生の6年間は長いようで早く、あっという間にお子様は中学生になっていきます。

思い出がたくさん詰まったランドセルで手放したくない気持ちもあると思いますが、いつまでもとっておくわけにはいきません。

今回はランドセルの処分についてまとめてみましたので参考にして下さい。

お母さん
思い出が詰まったランドセルだけど、処分方法に困ってるのよね。
コンシェルジュ
処分するのではなく、再利用や寄付、買い取ってもらうなどの手もあります。詳しく解説していきますので最後までお読みください!

ランドセルの処分方法は?

燃えるごみではない可能性があります!

ランドセルを処分する場合、各自治体の処分方法に従って処分します。

通常、カバン類は燃えるゴミとして処分するのが一般的です。しかし、金具の部分は燃えないため、予めランドセルから外して出す必要があります。

また人工皮革の場合、有害物質が発生する可能性があるので、自治体に確認してから出すことも忘れないようにしましょう。

ランドセルメーカーによっては、クラリーノ(人工皮革)でも安心して燃やせると明記されている場合があるので確認すると良いです。その場合は燃えるゴミに安心して捨てることができます。

自治体によって処分方法が変わる

ランドセルの処分方法は自治体によってそれぞれ定められています。地域によって粗大ごみ扱いや、不燃ごみ扱いなど処分方法が変わってきます。

金属パーツが簡単に外せない場合は不燃ごみ扱い、など細かい条件がある場合があるので注意が必要です。主要都市の捨て方を一覧にしたのでこの機会にチェックしましょう。

主要都市の捨て方詳細

地域 処分方法 注意点
渋谷区 不燃ごみ 金属部分はできるだけ外す
新宿区 粗大ゴミ 特になし
大阪市 可燃ごみ・粗大ゴミ 一辺が30cm以上のものは粗大ごみ扱い
京都市 可燃ごみ 府が寄付を推奨
川崎市 可燃ごみ・粗大ゴミ 最長辺が50cm以上なら粗大ゴミ
横浜市 可燃ごみ 特になし
名古屋市 粗大ゴミ 特になし
広島市 不燃ごみ 丈夫なポリ袋に入れて出す
千葉市 可燃ごみ 特になし
札幌市 可燃ごみ 特になし
那覇市 可燃ごみ 特になし

捨てずに再利用することも方法も?

不要になったランドセルを、そのまま捨ててしまうのは勿体ないと思った方もいると思います。

6年間も使い続けた思い出の品なので、再利用したいと考える方も多いと思います。捨てる前に、次の方法でランドセルをリサイクルをすることを検討してみてください。

海外や被災地へ寄付する

ランドセルを必要としている人に、有効活用してほしいと思っている方にお勧めです。被災地でランドセルをなくしてしまった子供やランドセルを買うことができない海外の子供たちに寄付することができます。

1人でも多く寄付することで、貧富や男女にかかわりなく教育を受ける機会が得られるようになります。ランドセルの海外輸送費として、費用が別途必要になってきますが、困った子供をサポートできると考えると悪い話ではありません。

ランドセルの寄付方法や費用などを詳しく紹介されていますので、チェックしてみてください。

海外への寄付をされる場合はこちら

記念の品にリメイクする

財布やペンケースなどの実用的なものや、ミニチュアのランドセルにリメイクして作り替える方法もあります。

キーケースやコインケース、ペンケース、写真立てなどの実用的なものに、一つのランドセルから複数のアイテムを作ってもらうことが可能です。また、ミニチュアのランドセルは、場所を取らずに気軽においておけるので思い出の品としておすすめです。オルゴール付きのものや、飾り棚付きで注文もできます。

注意点としてリメイクして作られるため、ランドセルの状態に注意が必要です。

ランドセルの革を強くつまんだ時にひび割れができてしまう場合は使用できません。注文の前に確認してみましょう。

リサイクルショッピングで売る

ごみに出すのではなく、買い取ってもらうことで処分する方法もあります。

「おいくら」というサービスを使って、複数のリサイクルショップへまとめて査定申し込みをし、最大20社から査定価格を提示してもらうことができる、一括査定見積サービスがあります。

買い取りができない場合もありますが、手間があまりかからないので捨ててしまう前に利用してみてはいかがでしょう。

「おいくら」で査定される場合はこちら

補足ですがオークションに出品する方法もあります。

「ヤフオク」や「メルカリ」、「ラクマ」などのオークションに出品することで、中古のランドセルがほしいと思っている人を見つけられるかもしれません。

出品する際の、写真を撮る、商品の詳細を記載、買いたい人とのやり取りなどの作業があるため、多少手間をかける必要があります。中古のランドセルは、だいたい500円から3,000円程の範囲で取引されることが多いです。

捨てずに高価格で売る3つのポイント

買取に出すならやはり納得のいく値段で売りたいですよね。事前にどのような点に注意すればよいか、確認していきましょう。

①綺麗な状態をキープする

買取価格を上げるためには、少しでも汚れや傷を減らすことが重要です。

売却する前に一度汚れなどを確認しましょう。雨などでランドセルが濡れてしまった場合は早めに水を拭き、風通しの良い日陰の場所で干します。

また、レインカバーを付けるなども有効です。綺麗な状態をキープするためにはやはり、日々のお手入れが重要になってきます。

②箱や付属品を探し揃える

買い取ってもらう際、購入時の箱や保証書などが一緒にあると買い取り額をアップさせることに繋がります。

また、ランドセルの付属品であるランドセルカバーや連絡袋などをセットにして販売することで買い取り額をアップさせる方法もあります。

箱は捨ててしまいがちですが、将来ランドセルの買取を考えている方はとっておくと良いかもしれません。

③なるべく早く売る

ランドセルは毎年改良され、トレンドも変わってきます。きれいなもので、使う機会がないのであれば査定を検討してみましょう。

また、ランドセルは秋~冬に購入される方が多い為、需要が多い時期に出品することで、多くの人に見てもらうことができ、その分売れる確率が高まります。

ランドセルの捨て方 まとめ

大きく2種類のパターンがありますね。処分する場合と再利用する場合です。

不要になったランドセルを処分する場合は、自分が住んでいる地域の自治体の方針に沿いましょう。

ただ処分するには勿体ないと感じた方は、寄付やリメイク、リサイクルショップで売るなどをして、ランドセルを必要としている方に再度利用してもらうことをオススメします!

6年間使ったランドセル。お子さんのためにもよりベストな選択をしてあげてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

ランドセル図鑑運営事務局

ランドセルのことならお任せください!ランドセルの販売歴2年のプロがわかりやすく解説します!

NEW POSTこのライターの最新記事